有松絞り


名古屋市の南東部に位置する緑区有松町は、東海道を生業として発展してきた町だ。当時は有松宿と呼ばれてはいたが、その実正式な宿場町ではなく、知鯉鮒(ちりゅう=今の知立市)宿と鳴海宿の間にある合いの宿であった。その起源は、尾張藩が慶長13(1608)年に奨励した有松への移住がきっかけとなっている。その頃の有松周辺は人も少なく、街道を旅する人々を狙う盗賊が出没していたという。藩はこれを保護するため、人里をつくり、安全を確保しようとしたのが理由だそうだ。



庄九郎の碑
 竹田庄九郎の碑
手越川
 藍に染まる藍染川


有松絞の開祖といわれる竹田庄九郎は、ここへ最初に移住した8人の住民の1人で知多半島にある阿久比村(現在の知多郡阿久比町)の出身と言われている。移り住んだもののここには田畑を耕すほどの土地も無く、これといった産物も見当たらず、生活の困窮は目に見えていた。
そこで思いついたのが、旅人に旅の必需品を売ることであった。しかし、わらじや杖などのありきたりのものは、五十三次のひとつであった隣接する鳴海の宿に揃っており、たいした需要は望めない。庄九郎は考える。「出身地である知多や近郊の三河で産する木綿で手ぬぐいを作り販売しよう」と。
時を同じくして加藤清正が、名古屋城築城のため九州から労働力を引きつれてきていた。その中に絞り技術を伝える豊後(大分県)出身の者がおり、彼等から技術を学び柄付けをしたという。このことがすなわち豊後の絞り技術と知多、三河の木綿が出会ったことで世界最初の「木綿絞」が生まれる結果となったのだ。その後数々の技法を生み出しながら、鳴海宿へもその技術は伝播していった。


      

下絵描き
@ 下絵書き
図案に基づいて白生地に絞りを施す部分を指定する下絵を書き込む。同じ図案を大量に使う場合は型紙を彫って下絵を摺りこむ。この型彫りにも専門の職人がいる。
A 絞り
「くくり」とも呼ばれ、柄を作りだす。技法は多彩で、それぞれが専門化している。(次頁で説明)
染め
B 染め
糸などでくくったままの生地を染め上げる。絞りを施した部分が防染されて独特の模様が生まれる。明治以前までは殆どが藍染めだった。
C 乾燥
染まった布地を乾燥させる。
糸抜き
D 糸抜き
染め上げた布地が乾いた後、防染のためにくくってある糸を取り除く。縫取り絞りなど技法によっては大変な作業となる。
湯のし
E 湯のし
糸抜きが終れば湯のしとなるが、これは絞った後のシワを伸ばす工程で縮んでいる布に蒸気を当てながら伸ばしていく。この後、ものによっては絞り以降の工程を繰り返しながら、柄を加えていくものもある。