十日町絣(新潟県/十日町市

19世紀中期に起源する十日町絣は、絣技法の最も基本的な手括り、手摺り込み技法により糸染めをする。経絣と緯絣を併用し、繊細な絣模様を織り上げるところが特徴だ。
くびり絣、摺込絣で着尺地が中心となっている。

きもの風土記

十日町明石ちじみ(新潟県/十日町市)

名前の由来は、江戸時代の初期に播州赤穂の浪人、堀次郎が小千谷に来て縮布を改良したことに始まると伝えられている。
八丁撚糸機により、緯糸に強撚を加え、湯もみをして、独特のシボを作り出す。絣織、縞織で清涼感あふれる薄地夏着尺で、戦前には一世を風靡した。

きもの風土記

信州紬
(長野県/松本市・上田市・飯田市・駒ヶ根周辺

18世紀初期に地場産業として奨励されて、養蚕の隆盛とともに発達してきた民芸的な紬だ。
くぬぎ林で飼育された山繭から織り上げる特殊な光沢と地合を表現する松本の天蚕紬、碁盤縞が特徴の上田紬、純粋な草木染の伝統をもつ飯田紬や伊那紬など、いずれも真綿の手紡ぎ糸を使用した山国らしい素朴な織り味が命だ。着尺の他帯地も生産している。
参考

きもの風土記

牛首紬
(石川県/白峰村・鶴木町)

起源は12世紀後半、元禄年間には紬の名が広く使われ、さらに文化、文政の頃には各地で珍重されたという記録がある。
牛首紬は、中繭から経糸を、球繭から緯糸をそれぞれ座繰りで引く自家製糸を使用している。パーマネント状の自然糸で織るためネップが多く、野趣に富んだ優雅さと素朴さに特徴があり、その丈夫さから別名釘抜き紬とも呼ばれている。もともとは白生地が基本。
参考

きもの風土記

近江上布
(滋賀県/五個荘町・秦荘町・愛知川町・多賀町)

17世紀初期の創製。手紡ぎ糸による麻織物で、絣着尺や蚊帳、畳べりなどが織られていた。
現在伝えられる技法は、生平の場合、経糸に苧麻、緯糸に大麻糸(手績み)を用いて、居座機で製織するが、絣織の場合は羽定規による櫛押捺染や型紙捺染の手法で経緯絣とし、シボ出しは手もみによる。能登、越後、宮古の上布と並んで、評価は高い。

きもの風土記

西陣織(京都府/京都府全域)

8世紀の平安京遷都の際、織部司が設けられ、染織の勧業を進めたのに始まるが、西陣産地としての基礎は、15世紀の応仁の乱以後に固められた。公家、貴族の衣服をまかなっていただけに、西陣織は多種多様で、綴・錦・緞子・紋織・絣・紬・絽・天鵞絨があり、帯を主に着尺地、能、神官衣装を生産するが、特に金銀糸・金銀箔など絢爛豪華な糸使いによる文様の精緻さが特徴だ。

きもの風土記

弓浜絣
(鳥取県/米子市・境港市・西伯郡淀江町)

起源は18世紀中頃。地元の豊富な綿花と藍に支えられて、鳥取藩の直営事業としての保護育成策で発達してきた。
藍染を主体とし、絣模様は紺白によって花鳥山水、縁起物、農家の生活風景などをアレンジしたものが多く、用途も着尺地、帯地、座布団地のほか、のれん、壁掛けなども手掛け、素朴で楽しい絵絣模様が特色。

きもの風土記

阿波正藍しじら織
(徳島県/徳島市)

起源は1789年、寛政年間に流行していたシャガ縞という織物を偶然夕立で濡らしてしまい、布面に縮みができたのにヒントを得て作られた。
経糸を平組織に、タタエ糸を緯畝組織にして経糸は張力を弱くして織り上げ、湯もみをする。張り差によって生ずるシボの持つ独特の肌触りと、阿波藍の優雅な色調と素朴な味わいを特徴とする綿織物。

きもの風土記

博多織
(福岡県/福岡市・大野城市他 佐賀県/唐津市他)

中国から伝来した技術が基礎となっている。17世紀の初めに筑前藩主黒田長政が、幕府への献上品として指定したことから、献上博多の別名がある。
地質が琥珀に似て厚く、浮線紋と柳条のある模様は経糸が表面に出て、緯糸がすべて裏面に隠れてしまうところに特色がある。西陣、桐生と並ぶ帯地の主力産地。
参考

きもの風土記

久留米絣
(福岡県/久留米市・八女市)

誕生は比較的新しく17世紀の後期に、井上伝という12歳の少女によって考案され、幕末にいたって技術的に発達したとされている。
紺地に白の絵絣や十字絣など色々な絣を表現した綿織物で、婦人の普段着や農村の野良着として広く愛用されていた。伊予絣、備後絣とともに日本の三大綿絣のひとつとして素朴な地風が好まれている。
参考

きもの風土記

本場大島紬
(鹿児島県/鹿児島市・都城市・奄美大島)

奄美大島には千数百年前から古代染織が栄えていたが、大島紬として産地形成は、18世紀初期で、薩摩藩の上納のため精緻な絣柄が要求されたことで、絣技術は目覚しい発達を遂げた。
絣模様は締機(しめばた)による独特の防染法で作られ、経緯糸のズレを1本ずつ柄合わせしながら織り上げていく。細かな十字の組み合わせがすっきりとした絣美を表現、高級着尺として渋い風格を誇っている。
参考

きもの風土記

久米島紬
(沖縄県/久米島)

4世紀の昔、南方貿易によってインド系の製織法が伝えられたとされている。その後、久米島を中心に絣技法は発展し、これが本土に伝播して大島紬や久留米絣などの基盤となったといわれる。日本最古の絣織物だ。沖縄の地域特性を背景に草木染、泥染、砧打ちなどの古来技術を守りつづけ、製造工程のすべてが手作業によるところが特色だ。参考

きもの風土記