きもの風土記 読谷山花織(沖縄県/読谷村)

起源は15世紀にさかのぼり、琉球王朝時代に南方貿易の拠点であった読谷村と長浜で製織されていたところからこの名があるが、王朝の御用布に指定、読谷の住民以外は着用を禁止されていたという由緒がある。
着尺地や帯に用いられる花織は、生糸や綿を素材にして、可憐で細やかな花模様を色糸で浮かせ、それに絣の風合いをあしらった独特の織物だ。
参考

きもの風土記

読谷山ミンサー
(沖縄県/読谷村)

花織と同じ頃(15世紀)の起源とされ、やはり南方の影響を強く受けている織物。ミンサーとは細帯のことで、主に帯に使用されている。
花織とともに長い歴史を持ちながら、戦後一時影をひそめていたが、古老により復活された。南国特有の色彩感覚にあふれた柄模様は沖縄の特産品として広くその名が知られている。しかし、生産規模は小さく、生産に従事する機は副業の域を出ていない。

きもの風土記

宮古上布
(沖縄県/宮古島)

16世紀後半に宮古諸島に自生している苧麻を使って上布を織り上げたのに始まる。島津藩が年貢として上納させたので、薩摩上布の別名があった。
糸は細く、絣模様は精緻で、織り上げた布は蝋を引いたような滑らかな光沢をもち、黒に近い濃紺は琉球藍のとくしょくでだ。手紡ぎ糸、手機、染色などは昔ながらの手法で、夏の上布としては最高級品に属する。

きもの風土記

琉球絣
(沖縄県/南風原町 )

起源は14〜15世紀に南方から絣技法が沖縄へ伝わったといわれている。盛んになったのは1621年、儀間真常が薩摩から木綿の種子を持ち帰ってからといわれているが、元来綿絣が主だった。
今日では殆どが絹を原料としているが、手括り、手織りによって一段一段丁寧に織られている。
参考

きもの風土記

首里織(沖縄県/那覇市首里・南原風町)

起源は15世紀頃。琉球王朝の首都として古くから栄えた首里は、中国、日本本土、南方諸国との交易により外国文化の影響を受け、中国からは紋織、絽や紗の綟織、本土系では紬や花織など多くの技法を取り入れ、沖縄独自のものへとアレンジしていった。
太平洋戦争により一時消滅しかけたが、関係者の熱意により復興し、その種類も首里絣、首里花織、首里道屯織、首里花倉織、首里ミンサーと多岐に渡っている。

きもの風土記

与那国織(沖縄県/八重山郡与那国町)

起源については定かではない。が、15世紀末にはその記録が残っている。与那国の織物はドゥタティと呼ばれる経糸に木綿、緯糸に苧麻の平織物を中心に花織(紋織物)、カガンヌブー(畝織物)、シダディー(紋織物)の4種に分類され、原料は絹、綿、麻糸などで、染料はインド藍などの植物染料で染める。着尺、帯地、飾布などを生産しているが、一種独特の風合いを持っている。

きもの風土記

喜如嘉の芭蕉布
(沖縄県/国頭郡大宣味村)

沖縄県の織物で最も古いとされており、その起源は13世紀に遡る。
糸芭蕉の皮をはぎ、手紡糸を手括りし、テイカチ、琉球藍などの植物染料で染め上げ、手投杼を用いて織る。織り上がった芭蕉布は木灰汁で煮沸され仕上げられるが、日本でも珍しい織物でさらりとした肌触りは夏きものとして珍重されている。国の重要無形文化財。
参考

きもの風土記

八重山ミンサー
(沖縄県/石垣市・八重山郡竹富町

竹富ミンサーとして工芸品に指定されていたが、新たに石垣島をも含め指定された。
起源は17世紀、薩摩の琉球支配の前後から登場。綿糸、絹糸を琉球藍、福木、紅露などの植物染料で染めた紺絣に特徴があり、畝織の一種で、男物帯を主体としている。絣柄は「いつの世までも末永く」の意を込めた5つの絣と4つの絣を交互に配するのが基本となっている。

きもの風土記

八重山上布
(沖縄県/石垣市・八重山郡竹富町

起源は未詳。記録上は薩摩の琉球支配から登場し、薩摩への貢納布として知られる。それだけにより精巧な織物が作られた。
苧麻を用い、紅露で摺り込み捺染の技法で絣糸を染める。手機で織り上げ、その白地にわずかに黒味を帯びた蕉茶色の絣が浮かぶ夏物白上布が中心となっている。

きもの風土記

知花花織
(沖縄県/沖縄市・知花)

模様が縦に連続して浮く経浮花織と、刺しゅうのように糸が浮く縫取花織の技法が特徴。現存する最古のものは19世紀後半に製作されたとみられる。
五穀豊穣を願う祭事「ウスデーク」の衣装などに使用され、着尺や帯のほか、近年はネクタイやかばんなどの2次加工品も生産されている。


南風原花織
(沖縄県/島尻郡南風原町)

南風原花織は明治期には母娘間で伝承されていたという記録が残っているが、大正3年(1914年)には南風原村立女子補修学校が設立され、多くの技術習得者が誕生、独自の花織や浮織技術を発展させていった。
ヤシラミ花織、クワンクワン織り、タッチリー、チップガサーなど、南風原花織にしかない独特な模様や名称が存在し、立体的で華やかな特徴を持つ織物。