きもの風土記きもの風土記




徳川家康の伊賀超えでも知られる伊賀上野、その霧の深さから隠れの国とも呼ばれる。三重県の西部にあり、伊賀流忍者の里、松尾芭蕉のふるさととしても知られている。
江戸時代には藤堂藩の城下町として栄え、基板状に区画された街並みは、小京都のひとつに数えられている。同じ三重県の中にあっても伊賀は、京都、伏見、大阪、堺に通じ、津は、伊勢湾の海上につながる地で、経済圏を考える時、他地域とは全く性格を異としている。このことが組紐発展の因と深くつながっていることは間違いない。また、これをひとつの藩としてまとめた藤堂高虎をして徳川家康の発想は、行政的というよりむしろ、軍事的な側面に重きをおいたような感がする。
そんな歴史を持つ小さな城下町にはふたつの工芸品があり、ひとつは伊賀焼であり、あとひとつが伊賀組紐だ。