伊賀組紐には手で一品一品生産する「手ぐみ」と量産できる「機械ぐみ」とがあるのは先述した。この二つの併せ持つ伝統と新しさが商品構成にもに表れている。
製品を用途別に分類すると、帯締、羽織紐、角帯、ネクタイ、ループタイ、スカーフなどがあり、その他工夫されたイヤリングやネックレスもある。
きもの風土記 きもの風土記
ショール ネクタイ

 

組紐の製造は、根気と忍耐と言われるように、幾つも幾つもの行程を経て生み出される。そのスタートは予め、撚り、製錬の工程を終えて入荷する絹糸の糸割りから、組紐製造に必要な分量を取り出し、これを小枠に巻き取った後、何本かの糸をまとめて一本の糸にするのが合糸。この糸に、組み作業がしやすいよう、一定の撚りを入れる撚りかけ、帯締めや羽織紐など、仕様書に基づいて糸を所定の寸法に測定する経尺を経て染色工程へと回される。
糸染めの工程では「丸染め」「絞り染め」または「ぼかし染め」が用いられる。
房だが、房はたいていは男物の羽織紐につけられるが、これは別個に作られる。参照

きもの風土記 きもの風土記きもの風土記




丹念な手技が生み出す、こくのある艶と伸縮性を持つ伊賀組紐ではあるが、他の製品と同じくして中国製品の波をもろに受けているそうだ。
が、四方を山に囲まれた小盆地に歴史を刻む伊賀の人々の繊細な美意識と忍耐は、これからも根強く情報発信していくことであろう。