餅紋(石持=こくもち) 縁起物の紋で、細い線の円形を白餅、黒色を黒餅という。また菱形もあり、その数で一菱餅、三菱餅、九菱餅の別があり、餅以外に団子もある。

洲浜(すはま) 海岸の洲や渚を象ったもので、その形は半円を品の文字状に配列、その数によって一州浜、三州浜と区別している。州浜を上下に伸ばしたものを足長州浜といい、また他の紋を組み合わせた庵に州浜などもあり、花弁状に図形化したものを花州浜(秋津州)とも呼んでいる。

結綿(ゆいわた) 綿を結んだ形を象ったもの。普通5束を1把として文様化しているが、その結び方は上部を大きく広げるものと、上下を同じとするものがある。後者を分銅結綿ともいう。把数によって円形の二結綿、三結綿、形状で結綿菱とがある。

熨斗(のし) あわびの肉を薄くはいで長く伸ばしたものを熨斗といい、慶賀の肴、贈り物に用いられた。熨斗紋の種類には包熨斗と束熨斗の2種があり、配列形状によって熨斗丸、対熨斗、違熨斗、熨斗菱がある。

赤鳥紋 赤鳥は当て字で、本来は櫛の垢を取る古来の化粧道具を象ったもの。その形は櫛に似て上部に柄と紐を通す孔があり、歯は6本から9本。
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
白餅 因幡団子 州浜紋 結綿 熨斗丸 今川赤鳥

傘紋 一本傘と三本傘の2種で、その組み合わせで、1本開いて2本閉じた三本傘、円形に開き傘を組み合わせた被三本傘などがある。

笠紋
 笠の種類として市女笠、菅笠、編笠、綾藺(あやい)笠、陣笠、唐人笠、竹笠などがあり、主に市女笠が紋として用いられ、これを重ねて重笠紋と呼び、一階笠、二階笠、三階笠と呼び、また円形に配したものを三笠丸、その他対笠、並笠などがある。

扇紋 末広の慶事にちなんで用いられたもので、開扇、畳扇の2種がある。開扇は骨の数3本から12本まで、その配列によって開扇の形では重扇、違扇、扇丸などがあり、畳扇では二本並、三本並、扇井桁、扇車など。特殊なもので破れた破扇紋がある。なお、同様のもので古代の夫人が用いた桧の薄片で作った桧扇紋がある。

鎌紋 草刈用の道具を象ったもので、同形に戦場で用いた軍鎌がある。鎌紋にはその配列で違鎌、万字鎌、鎌車などがある。

車紋 
車は「クルクル回る車」が語源といわれる。太古は物を運ぶのにコロが使われ、それが発展して車となった。平安時代、源氏車または御所車と呼ばれる貴族専用の牛車が、車の代名詞となった。車紋は、この源氏車の車輪を形象化したものが主で、ほかに水車紋、風車紋がある。家紋として定着したのは鎌倉時代とされ、紋章の形は、円形と半円形があり、円形は骨の数によって区別される。

稲妻紋 稲妻の紋様は、直線がつぎつぎと曲折していく幾何学的模様で、古くから陶器、漆器、金工、木彫、建築などに用いられている。稲妻紋は雷紋ともいう。組み合わせたり、重ねたり、電光をなかにはさんだりして、一種不可思議な紋となっている。だから、この紋は呪符のように扱われ、ふつうの家ではあまり使用しない。


杵紋 手杵を象ったもので、その数と配列で一手杵、違手杵、並三手杵、十字手杵がある。(絵は前々頁に掲載)
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
傘紋 柳生笠 丸に釜 源氏車 稲妻 違い杵

滕(ちぎり)紋 千切紋とも書く。機織用の糸巻き道具を滕といい、これを文様化したもの。

釘抜紋 
昔使われた座金とテコとの応用による釘抜きを象ったもの。座金だけの釘抜紋には一釘抜、重釘抜、違釘抜があり、座金にテコは閂(かんぬき)釘抜と呼んでいる。

(まさかり) 
斧の1種で斧紋ともいう。その数と配列で違鉞、鉞車、四鉞菱、斧菊などがある。

梯子(はしご) 横木の数で三段梯子、五段梯子、七段梯子とある。昔、城に1番乗りした武功を記念して用いた紋といわれる。

輪鼓(りゅうご) 鼓の胴のように中間がくびれた形のもので、平安時代の玩具の1つ。その数によって一輪鼓、二輪鼓、三輪鼓、三盛輪鼓があり、他との組み合わせで紐付き輪鼓、輪鼓に手毬などがある。

風車紋 玩具の風車を象ったもので、その骨の数によって六本骨風車、八本骨風車と区別する。
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
丸に釘抜き 斧菊 牧野梯子 輪鼓 八本骨風車

琴柱(ことじ) 琴の弦を支える柱を象ったもので、その数と配列で一琴柱、三盛琴柱、違四琴柱、五寄琴柱、五角琴柱の別がある。

銭紋 文字の有るものと無いものと区別されるが、有文銭には政和通報、永楽通報、寛永通宝などがあり、無文銭には裏銭、三文銭、六文銭、銭九曜がある。

分銅紋 秤のおもりのことで、円形状を玉分銅という。その数と配列で一分銅、三分銅、五分銅といい、子持分銅、三寄分銅、分銅桜、棯分銅などもある。

枡紋 量をはかる道具を象ったもので、対角弦の入ったものを弦枡という。枡紋には数と配列で入子枡、重枡、三人子枡、三盛枡などがある。

算木(さんぎ) 易で卦を占う際に用いる道具で、長立方形の木でできている。算木紋はその形状が引両紋と似ているが、単独で用いるのはまれで多く亀甲、藤丸、黒鎌などと組み合わせている。

千木・堅魚木(ちぎ・かつおぎ) 千木は神社の棟木の両端で交差しているもの、堅魚木は神社の棟木の上に横たえた木で、両端が細く中央が魚のようにふくらんでいるものをいう。この紋には千木の背に堅魚木2本横たえたもの、堅魚木の前に千木を立てたもの、千木だけのものと、3種ある。
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
三つ並び琴柱 真田六文銭 分銅 三盛枡 算木 千木・堅魚木

瑞垣(みずがき) 神殿の周囲を回した垣を象ったもので、その柱の数によって五本瑞垣、七本瑞垣の区別がある。

鳥居紋 
信仰的な紋章で単に鳥居だけのものと、他の紋章を組み合わせ鳥居に大文字、鳩、雀、笹などがある。

(いしだたみ) 石畳・敷石のことで、方形の石を象ったもの。石の数で三甃、八甃などがあり、配列で三寄甃、四組甃、繋甃、甃車がある。


懸魚(けぎょ)紋 
神殿の上屋にある破風の下、またはその左右にある装飾物を懸魚というが、紋章では、中央にある六弁の葉状物を使っている。またの名を六葉といい、菊を配したものを菊座と呼ぶ

格子紋 
社殿などに用いた戸の碁盤状の格子(蔀=しとみ格子)を象ったもので、数によって五本格子、6本格子、八本格子と区別する

井桁紋 
井筒紋ともいいもともと井戸の井桁部分を象ったもので、便宜上正方形を井筒、菱形を井桁と区別している。重ねたものを重井筒、重井桁、組み合わせたものを組井筒、組井桁、切り違えたものを違井筒、違井桁という。なお、水平に置いたものを平井筒、平井桁と呼ぶが、角を立てたものは角立井筒、角立井桁と区別している。
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
五本瑞垣 鳥居に向い鳩 六葉懸魚 五本格子 井桁

追州流(おうすながし)紋 河川の護岸用に使った蛇籠(長い籠に石をつめたもの)と杭(臥牛=寝ている牛)の築造物を象ったものを総称している。

巴紋 頭部は丸く、尾部は細くとがっており、この尾の長いのを尾長巴とも、渦に似ているので渦巴ともいう。巻形の方向で左巴、右巴と呼び、数と配列で二頭右巴、三頭左巴という。この三頭巴を基本に形の変化をつけ、鱗形の配列を鱗巴、積み上げたものを三積巴、三盛巴、九曜と梅鉢形がドッキングした九曜巴、梅鉢巴がある。なお、巴の文字を用いた紋もある。

菱紋 文様の斜方形を象ったもので、割菱、重菱、三階菱、松皮菱、掻摺菱(かすりびし)、折入菱がある。割菱は4等分に切り離したもので武田菱ともいう。重菱は普通下から上へだんだん小さく二重、三重に重ねたもので、三重菱の接触線を消すと三階菱になる。さらに三階菱、五階菱で上下のものより中層の菱が大きいものを掻摺菱という。なお葉に模したものに葉菱がある。

引両(ひきりょう)
 語源については種々の説があるが、縦横の長方形の筋のことをいう。その数によって一引匹両、二引両、三引両、五引両。横2列の白黒食い違いは食い違引両という。

木瓜(もっこう) 中国からの伝来で木瓜の語源は不明だ。木瓜紋は外郭、内郭、中央の3部分からなり、郭の形は4葉が普通で、内部に唐花を組み合わせたものが多い。木瓜紋の横楕円を横木瓜、堅楕円を堅木瓜といい、その配列によって木瓜菱、鐶木瓜、三盛木瓜、剣との組み合わせによる剣木瓜、割菱に木瓜などがある。
きもの風土記きもの風土記きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
追洲流し籠 追洲流し杭 三頭右巴 五階菱 丸に堅三つ引両 木瓜紋

亀甲紋 6角形を基本とし、外辺が二重になっているものを子持亀甲、唐花模様を組み込んで花亀甲、その配列によって三組亀甲、三盛亀甲、三割亀甲などがある。

目結(めゆい)紋 
染め文様の目結を象ったもので、目結は鹿の子絞りのように布を括って目形にしたもの。この紋は方形の中心に平行した小さな方形の孔を開けるが、この孔の大きいのは釘抜きとなる。方形の数によって一目結から十六目結があり、それ以上を滋目結と呼ぶ。また配列によって結四目結、棯目結、目結崩れなどがある。

輪違紋 
輪違いには2種あり、2個の輪の切り違いと4個の輪違いの内に唐花を配したものがある(花輪違)。輪違いには寄懸輪違、結三輪違、五輪違などがあり、花輪違には七宝輪違、輪違崩、持合輪違、角輪違の区別がある。

鱗紋 
正三角形と二等辺三角形の2種があり、その数と配列によって二鱗、陰陽二鱗、三鱗、五鱗、六鱗、九鱗などがある

浮線綾(ふせんりょう) 織物の紋織と同義語で、他の紋章と調和させて、浮線蝶、浮線木瓜などがある。

唐花紋 
中国伝来の文様で実在しない花といわれている。が、梅、桃、桜などの花弁に似ている。花弁は四弁を普通とし、他のものと組み合わせて剣唐花、蔓唐花などがある。
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
違い一重亀甲 十六目結 輪違い 細輪に六つ鱗 木瓜花菱浮線綾紋 唐花

卍紋 インドから伝来した仏教の記号で、十文字同様最も古くから用いられている。この紋には右旋と左旋とがあり、それぞれ右万字、左万字と呼ぶ。先端を剣状にしたものを剣先万字、円形や菱形を万字丸、万字菱、図案化したものを棯万字、持合万字などとなっている。

一文字紋 
漢字の1つで、筆勢で止めが下に屈曲したものを鎌一文字、図形化した細い長方形角一文字(引両と同形)と呼ぶ。しばしば他の紋と組み合わせ巴一文字、菊一文字、三星一文字と区別する。

十文字紋 
丸に十文字の形は十字轡となるが、筆勢をそのまま表したものをいう。

亜字紋
 古代中国で用いられた文様で、後世ではお守りに使われ信仰的な紋とされている。

大文字紋 単一に用いる場合と、この文字を桜、酢漿草などに図案化したものや他の紋に組み込んで紋章にするが、発展を意味する紋。

山文字紋 楷書の文字の他、図案化した山文字菱、山文字丸、三寄山文字などがある。

吉文字紋 縁起の意味の強い紋で、他の紋と組み合わせて用いることが多い。吉文字丸、三吉文字亀甲、吉文字菱などがある。
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
左万字 丸に十字 丸に一文字 大中文字 山文字 大一大万大吉