自然現象紋
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
黒田月に水 五つ星 十曜 陰長門三つ星 渦巻
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
二頭波 稲妻 丸に遠山 雪笹

    植物紋
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
有栖川菊 十六弁八重菊 五七の桐 糸輪に桐菱 尻合せ三つ葵 剣木瓜
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
加賀梅鉢内藤藤剣酢漿草山城桔梗虎杖(いたどり)

梅紋は2種類あり、その一つ前田家も使用している梅鉢紋は、花びらを丸にデザインしたため星紋と区別がつかなくなった。そのため中央に鉢と呼ばれる太鼓の鉢のようなものを描いたとされている。

    動物紋
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
鳳凰 海老 向い鳩 地楡に雀
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
千鳥 相馬覇馬 鹿 真向き揚羽

    建築・器物紋
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
地紙 篭目 鞠挟 祇園守 丸に変り庵

地紙は扇の骨に張る紙のこと。
篭目は竹の網目に似ているところからつけられた。目が多いと邪悪なものを見張る意味と考えたのか、悪魔除けとして用いられた。またこの文様は世界中で見られる。例えばイスラエルのダビデの星などがそうだ。
鞠挟紋は蹴鞠の鞠の台を象ったもの。
祇園守紋はその昔キリスト教弾圧の際擬装した信者が祇園神社の護符を象って紋章にしたもの。

    文様紋
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
武田菱もよう 丸に二つ引両 組み合い菱 四つ目結
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
亀甲に花菱 花菱 太輪 三つ巴

花菱紋は別名を唐花菱紋ともいう。割り菱の四隅の形を花弁のように美化したもので、これは唐花と同じく実在する花ではなく、想像的に描かれたものだ。

    文字紋
きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
一番 上文字 亜字? 丸に八の字 大文字