絣の語源と起源
加寿利、飛白、緕、と書くこともあるが、現在では絣。これは模様がかすったようになることからつけられたという説と、琉球絣をカシィリィといったことから、これが語源であるとする二つの説がある。いずれも現時点では確信するにはいたらない。
一方、絣技法の起源はというと、一般的にはインドの所産と云われているが、非常に遺品が少ないためこれも不明確だ。ただ、インドのアジャンター石窟の壁画の中にある7世紀頃の天井壁画の着衣模様に、絣らしいものを見ることはできる。また、日本でも、法隆寺烈に広東錦(太子間道)と呼ばれる経絣があることから、古くから存在していたことは確認できる。が、絣技法がインドから世界各地へ伝播していったものかあるいは、独立的に各地で発生したものかは、これもまた不明なのだ。

きもの風土記

 日本の絣
きもの風土記
南風原(沖縄)の絣足
きもの風土記
経緯絣の手縞
日本では中世から近世にかけて段染、手鋼染、熨斗目など、主に大きくだんだらに染める方法がとられていた。そしてその柄行は単純化の方向へと進みつつあった。しかし、近世中期頃になると、琉球文化圏で絣技法が形を整え庶民の間で素材として普及していった木綿と相俟って、本土文化圏えと上陸次第に北上し従来の技法に影響を与えていった。
絣は大別して防染によるものと捺染によるものとに分けられる。麻糸、綿糸で絣付けした部分を括る「手くびり」、締機を使い織物の緯糸を防染部分だけ織りつける「織締」、文様を彫りこんだ2枚の板の間に絣糸を入れて防染する「板締」がある。
絣技法は染色技法に制約を受けるため、輪郭部分は、いわゆる絣足と呼ばれるぼやけたものになるが、これこそが絣の特徴であり、独特の雅味を呈するのだ。
経緯絣のように柄合わせの難しい複雑な絣を生んだのは日本だけであり、世界各地に見られるのは、インドのイカット(括る、結ぶのマライ語)のように経絣が殆どだ。
前述したように、国内での絣の伝播経路は、沖縄を起点として木綿産地を中心に北上し、絹、麻、絹綿交織へと展開していった。したがって、綿では久留米、伊予、備後など、絹では琉球絣、結城紬、大島紬などがあり、麻では越後上布、能登上布などに取り入れられていった。

 各地の絣
久留米絣←ここをクリック。
紺地に白、青抜きの絵絣や蚊絣を特徴とする久留米絣は単体でアップしているのでクリックを。

伊予絣

四国は松山周辺で織られている綿絣で、その発祥は寛文年間(1661−1702)にオランダ舟が長崎に持ち込んだ縞木綿を真似て製織したと云われているが、いずれにせよ、久留米絣の延長線上にあり、幾何学模様、絵絣、共にあるが、柄行が久留米とはやや異なり伊予柄と呼ばれる1種の調子を創り出している。

備後絣

神辺縞、水谷縞などの太糸縞物を産出していたが、文久年間(1861−1864)に伊予絣と対抗するため唐糸を採り入れ、唐糸絣を開発。素朴を特徴とし、味わいの良いものとはその性格を異にしていた。但し、久留米や伊予の手紡糸は使用していた。

弓浜絣
山陰地方では、昔から広瀬絣、倉吉絣など、本藍染めの木綿絣を織ってきた。中でも弓浜半島の絣は伯州錦と言われる優れた木綿を得て、特異な絵絣に独自の美しさをかもしだしてきた。

きもの風土記
越後の絣柄
越後絣
越後上布で知られる新潟地方に絣が姿を現すのは天明2年(1782)以降となる。その伝播経路はともかく沖縄の絣を源としている。
当時、高級織物を産していた越後では、絣、特に色絣は組織によらない表現法として、大変新鮮なものであったに違いない。そして絣がらにおいても、図柄展開においても、常に、他の地よりも1歩先んじていた。
このようなことから、柄的には、逆に南下していったのではと想像できる。

大和絣
大和地方(奈良県)で織られた絣木綿。その始まりは宝暦年間(1751ー1764)とされ、越後絣の直系にあたる。白地絣が最も多く、大和の白絣として有名を博した。

きもの風土記
熨斗目
その他、琵琶湖南岸の愛知郡にも存在するが(近江絣)、日本の絣の大方は、庶民の衣料として普及し、発展していったものであろうと推察できる。ただ、徳川初期に現れた沖縄の絣、それを受け継いだ越後絣、これを見ていないはずはない日本の織場を代表する西陣に、ほとんど見られないのは都があったせいであろうか。しかし、そんな西陣にも武家用熨斗目の腰のあたる部分に色絣が施されている。大変興味深いことだ。
次に日本の絣の故郷、沖縄の絣に触れておこう。