きもの風土記
衣褌(きぬ・はかま)

きもの風土記
衣裳(きぬ・も)

きもの風土記
朝服(ちょうふく)



きもの風土記
女子の朝服











きもの風土記
束帯(そくたい)


きもの風土記
十二単衣




きもの風土記
直衣(のうし)
古代日本人の衣服

最も優雅で美しい“きもの”は、民族衣装の中でも最右翼に位置するが、その歴史をみるとき、現代に受け継がれている“きもの”の原型は小袖に求められる。つまり11世紀末に公家・貴族の荘園政治が終わりを告げ、これに代わって武士の台頭を見るに及び、それまでの2部形式の服装から簡略化された1部式へと移行していった。
もともと紀元2〜3世紀頃の服装を、埴輪などの古代資料から推定すると、上衣は男女とも前合わせの短い上衣で、それに男子は褌(はかま)と呼ぶズボン形式の膝下を紐で括ったものをはき、女子は丈の長い腰巻風の裳(も)を用いていた。これらを衣褌(きぬ・はかま)、衣裳(きぬ・も)と呼んでいた。ただ、これらの服装が一般化されていたとは考えられないし、その貧富の差が当事の服装にも現れていたに違いない。
日本の古代は当事の先進国である中国や3韓(後の新羅、百済、高句麗)の影響を大きく受けており、日本の建国を知る上で重要な文献となっている「魏志倭人伝」には貫頭衣という1部式の原始的衣服を古代日本人が着用していたと記されている。南米のポンチョに似たものであろう。それが中国との交流が盛んになるにつれて、国家体制はもちろん、文化的水準も中国式となってきた。
その大きな変化が7世紀初めの律令制度の導入による衣服に対する格付けであった。当事の衣服令によれば、礼服、朝服、制服の3種に分けられ、天皇家を中心とした儀式には公家(礼服)、朝臣(朝服)、一般役人(制服)の身分的区別でこれらの服装を着用した。代表的な男子の朝服は冠に長い袍(ほう)と袴ををはき、腰に革帯を締める。袍の色によって官位を現していた。一方、女子は裙(も)と呼ぶ上衣に紕帯し、その上に袖なしの背子(はいし)という短衣とスカーフのような長い比礼(ひれ)を肩から掛けていた。
このように中国の唐の時代文化が同時に染織技術をもたらすに及んで、衣服生活まで変化させていったが、これらの時代は、当然、儀式も立礼が主であったため、服装もそれに便利な2部式が着用されたと見てよいようである。が、唐との文化交流が遣唐使の廃止やその後の唐の滅亡によって途絶えるにしたがい、逆に日本的な文化が開花しはじめてきた。それに大きな役割を果たしたのが公家・貴族に代わって権力を握ってきた武家の台頭にある。


和服原型の開花

公家・貴族の中国一辺倒の感覚に比べ、各地域の豪族である武家がより日本的な、また伝統的生活様式を求め、その復活に意をもちいた。つまり、立礼習慣から座式の生活様式に戻り、それに伴い衣服を変化させていった。
これが平安時代の後期にみられる朝服が変化した束帯、さらに簡略化した直衣、また制服が狩衣として一般化し、それにつれて着やすさの点から袖を広くするなど改良されてきた。
一方、女子の服装もこの時代を象徴するものに十二単衣がある。この十二単衣の名称は重ね着の名称で、後になって呼ばれたもので、枚数には関係はない。むしろ色重ねの調和美からくる豪華さと貴族的誇示があったと思われる。これらの衣服のうち肌着として用いられた小袖が中衣化し、さらに庶民の上衣に発展する。また十二単衣の唐衣や裳を省略して、表着の上に小袿(こうちき)だけとする小袿姿、表着も打衣も省略して袿と小袖、袴の袿姿、さらに小袖と袴だけの服装などと、その応用が日本的な四季の中で進められていった。


絹織物の発達

ところで、古代の日本人が着用していた貫頭衣から、中国の影響による立礼服に移り、そして和服の原型となる束帯、直衣、十二単衣へと発展する中で、この固有の民族衣装を育ててきたバイタリティの背景には微妙に変化する四季と、そこから生まれた豊かな風土などの条件を見逃すわけにはいかないだろう。そして日本人の心といわれる“きもの美”への追求が芽生えはじめる。素材に対する使い分け、輸入ではあったが染織技術の日本的消化が後世に貴重な遺産的影響をもたらした。
古代衣装に使われた素材は麻、木綿、絹の3種であったが、木綿はコットンではなく、木の皮を糸状にして使用したものと推定される。絹は中国大陸では4千年も前に記録されており、日本でも女王卑弥呼が西暦239年に古代中国の魏の皇帝に貢物として「倭錦」「帛布」を献上していることが魏志倭人伝に記録されていることから、桑蚕の歴史はなお古いと思われる。そして、大和朝廷(古墳時代)の西暦470年代になって大量の機織技術者が渡来し、産業としての規模を整えはじめたことがこ古文書に記録されている。
「仁徳天皇が諸国に分置した秦民は92部、人員1万8千670人なり。大いに機業を興し、その献ずる絹帛は朝廷に充満す。天皇その功を賞し禹豆麻佐(うずまさ)の照合を賜う」とある。うずまさの名は地名として京都の太秦(うずまさ)に残っている。また秦民は百済(現韓国)からの帰化人である。
このように帛布は(楕布、麻布、葛布など)、絹布は(あしぎぬ、山繭・野蚕)などを使っていた古代社会に産業携帯の技術が導入されたわけだ。
帛布、あしぎぬが推古天皇の歌にある「白妙の衣ほすてふ天の香具山」の“しろたえ”の言葉から、無地織物であったのに対して、綺(かんはた)、倭文布(しずり)と呼ぶ先染めの縞物や野生の草花を押す擦りもあった。
これらに加えて5世紀以降に高級絹織物としての絹布がもたらされ、中国、百済、新羅から綾、羅、錦などが伝えられるに及んで、織組織の面でも大いに発達した。