うどん出汁つゆの境界線は?

昔から江戸のそば、浪速のうどんは定番。また、雑煮の餅は東が角で西は丸も知られているところだ。が、ここではそばでも雑煮でもなくうどんの出汁つゆの話。そしてその境界線。「バッカじゃないの」と思われる諸兄が大半だと思うが、折角調査?したのだから最後まで読んでやってください。ただ、10数年前のことなので住所や屋号、時間などは失念しているのでお許しを。
東と西では出汁のベースも異なる。東がカツオ、西はコンブだが、つゆとなると醤油に基因する。濃い口と薄口があるのはご存知の通りだが、出汁つゆとなると、黒いか薄いか色自体はこの醤油のどちらを使うかで決まる。関西人は「東京のうどんの出汁は真っ黒けやなぁ」と表現する。まずいうまいは、味の文化が基本となるのでここでは触れないでおこう。
さて本題だが、つまらないことに興味を持った筆者は、電話と足で調べてみたことがある。どこかにその境界線があるはずだと。
神奈川、静岡は訪れる機会もあったので濃い口醤油を使用しているのは知っていたが念のため知り合いへの電話で確認をとった。そして名古屋はどうなのか、岐阜は。車で何軒かの食堂を回って注文してみたが、名古屋はきしめんつゆでも判るように濃い口(百貨店売りの乾燥きしめんには薄口つゆがついているのもあるが)
であったし、岐阜もそうであった。
長浜(滋賀県=ちりめん産地)などは何度か訪れていたので薄つゆであることを既に知っており、的を米原(滋賀県)に絞った。米原インターを出るとすぐそばに「番場の忠太郎食堂」がある。ここは濃い出汁つゆであったと記憶しているが・・?、そこからもう少し西へ走ると100b間隔で2軒の食堂があり、東の食堂は黒いつゆ、西簿食堂は薄いつゆであった。
ボケ頭にはもう一度行ってみないと住所とか場所とかがハッキリしないが、いずれにせよ米原にその境界線があることだけは確かだ。