きもの風土記きもの風土記
日本の植物繊維の代表格は、なんといっても麻に木綿だ。しかし、万葉の時代から先人たちが育んできた古代織と呼ばれる布がある。芭蕉布(沖縄県・喜如嘉)を筆頭に藤布(京都府・丹後)や楮を素材とする木頭村(徳島県)の「阿波の太布」、温海町(あつみ=山形県)の「しな布」そして掛川市(静岡県)を中心に葛の蔓を利用して生産される「葛布」などがそれである。ただししな布は、新潟県の山北町(さんぽく)でも生産されている。
過去、野良着や畳のフチ、魚網として製織されていたこれらの古代布も、新繊維の出現などの歴史的背景から、存亡の危機にさらされていった。しかし、その価値を文化財に見いだし、限られた地域ではあるが今も生産され続けている。その製作工程は、栽培時期こそ異なるが殆どが似かよっている。