ふりそで
きもの風土記
大人用長着の袖の長いものをいい、若い女性の正装用に限って用いられる。総模様、裾模様などあでやかなものが多く「友禅染」や「絞り染」などの技法が用いられる。また、婚礼用には普通は黒地が使用され「黒振袖」「色振袖」と区別される。袖の長さは一定しないが、大体1メートル内外で、着用者の身丈に応じて加減される。
袖丈が76センチ(鯨2尺以上)〜1メートル(2尺7寸)までを「中振袖」といい、1メートル20センチ(2尺7寸)以上のものを「大振袖(本振袖)」という。最近では、訪問着としての役目もはたしているようだ。
back