こもん
きもの風土記
小紋とは柄名で、江戸時代の武士の「袴」地の染めから発したものともいわれている。京友禅の豪華さに対しその渋さからしばしば比較される江戸小紋が代表的だが、小紋の名のとおり小柄が多い。現在では型染めの着尺地の総称として呼ばれており、京友禅、江戸小紋、加賀小紋、紅型などさまざまな技法が用いられている。
ちょっとしたお出かけのお洒落着。気軽なパーティや街着として、洋服でいえばワンピースのように気軽に着用することのできる便利なきもの。
back