こそで
きもの風土記
鎌倉時代に、藍など草木染の普及による文様の発達が下着として用いられていた白の小袖を表着として独立させ、筒袖から幅広の袖へと移行していった。
そして江戸時代には、いうまでもなく小袖が中心的な役割を果たしていた。外着として独立した“きもの”となった小袖は、優れた染織加工技術の導入で、初期の素朴さから見れば見事に脱皮した豪華なものへと変身している。当時の小袖は、身幅が広く、袖幅が狭い。衿下は短く衿が長く、衽幅が広い。裄丈は短く袖口が小さく、対丈であった。
江戸時代のオートクチュール小袖は、現在も健在。
back