もふく
きもの風土記
喪装用の衣服、紋付のことを言う。
昔は服喪の期間中を通して着用されたが、今は葬礼、法事などだけに使用される。色は黒が普通だが浅黄や紫色もみられる。おしゃれとして裏地の裾に金彩などの柄を施し、上から黒をかけてあるようなものもある。
紋付染物の紋を描く部分を染めないで白く残したものを石持(こくもち=写真)というが、これも同じもので、需要者はこれに自家の定紋を「上絵師」に描きこんでもらう。
羽二重か縮緬で5つ紋が正装。 
きものTPO
back