とめそで
きもの風土記
詰袖ともいい、振袖の袖を詰めたところから出た語。往時、男女とも元服や結婚の際に、振袖の振りを切りつめ、袖をとめ、とめ袖としたことに始まる。現在は既婚女性の正式礼装として無地裾模様に染め抜きの五つの紋をつけたものが用いられ、江戸褄模様と同じ意味に用いられる。黒地のものを黒留袖といい、黒以外の地色のものを色留袖という。
色留袖は、既婚女性、未婚女性ともに着られる第一礼装(正礼装)であり、五つ紋付きであれば黒留袖と同格。三つ紋や一つ紋の場合は、準礼装として格式のある催し物など広範囲に着ることができる。
back