つむぎ
写真・図版
紬とは織物の名称で、きものの直接の名称ではない。
元来、養蚕農家が、商品として出荷できない屑繭を煮て薄く引き伸ばし重ねフェルト状にした“真綿を手紡ぎし、糸を染め、その糸で織った先染め織物を紬と呼ぶ。大島紬や結城紬、牛首紬(写真)などが有名ではあるが、これ以外に日本中にはいろいろな紬がある。一昔前は、農家の自家用であったことから普段着としてとらえられていたが、現在では工芸的要素が認められカジュアルというよりお洒落着として広く愛されている。
絹糸を直接染めて製織される大島紬は、厳密に言えば紬ではなく、絹織物に入る。
    日本の紬
back