うちかけ
写真・図版
武家時代の婦人の通常礼服で、形は「小袖」の裄、丈を一回り大きくしたもの。小袖を着て帯を締めた上に打ち掛けて着るので、この名前がある。また歩く時はそのままでは裾を引くので、これを掻き取って歩くところから「かいどり」とも称した。現在では婚礼式服として使用。正式には裲襠(うちかけ)と書く。
長着より身丈を10〜15センチ長く、身幅も2〜3センチ広く、衿下は10〜15センチくらい高く仕立てられ、ふきには綿が入っている。
式服として使用の場合、下に無地の振袖を着用し、帯も「掛け下帯」という特殊な帯を用いる。
back