ゆかた
きもの風土記
湯帷子(ゆかたびら)が転じてゆかたとなったといわれるように、昔は入浴の際に汗取りのために着た単衣の衣服であった。やがて夏のくつろぎ着、あるいは普段着として定着していくのだが、木綿地で注染(普通の「型紙」とは反対に、染織しようとする模様以外の所を彫りぬいた型紙を用いる染色法。注込染=つぎこみぞめ)や中形染、絞り染めといった技法による、紺地か白地の藍染めが定番であった。現在では従来の藍染めのゆかたに加え、色とりどりのゆかたが登場。 最近では、パステル調や大正ロマン調のものも作られ、ゆかた振袖が誕生するなど、時々の流行を多彩に生み出している。素材も従来の綿のほかに、ポリエステル素材のもの、また、綿に麻の入った生地を使ったものもあり、麻混のタイプも濃い目の色が多かったが生成りのタイプも出てきている。 ゆかた心得
back