和服地の着分は、幅36a(鯨尺で9寸5分)長さ11.4b(3丈)を基準として1反と称す。このような長方物を裁断するのだから形としてはそう多くは望めない。結局素材や柄でTPOの位を決めざるをえない。例えば木綿地で黒留袖を制作することはできる。が、フーオマルとして認知されるかどうかは疑問外だ。