■
大島紬
大島の歴史  東大寺や正倉院の献物帖に「南島から褐色の紬が献上された」との記録から、その歴史は、奈良朝(710〜793)まで遡ると思われるが、奄美の文献に登場するのは享保5年(1720)薩摩藩がこの地を統治した頃であり、島民に出した禁令で「役人以外の島民は紬の着用を禁ずる」とあるのをみてもわかる。その頃は、真綿から紡いだ糸を藍、ヒル木、テーチ木、クチナシ、チンキシィ、ノブナ木など、草木の色素で染め居座機で織っていたようだ。泥染めはそれ以降に考案されている。いずれにせよ、奄美の紬が画期的に進展をみたのは明治になってからだ。西南の役(明治10年)が終った頃から大島紬は鹿児島をはじめ、大阪などの市場に出まわり、明治13年には車輪梅と泥土だけの使用を義務付け、奄美における紬の基本姿勢を位置づけている。また、明治23年には居座機が高機に改良され量産を可能にし、明治40年には笠利の永江温などが締機を開発し、手括りなどでは現せない大島紬独特の繊細な柄の表現を可能としている。その後第2時世界大戦による統制と減産は他の産地と性格を一にするのは同様のことだ。
 


きもの風土記




きもの風土記


きもの風土記
大島紬のできるまで 大島紬、この織物は本当の意味では紬ではなく絹織物である。そしてその特徴は精巧な絣の美にあるわけだが、その秘密は締機(しめばた)にある。これは絣糸を作るときの防染法として、図案に合わせながら綿糸を経絣糸となるべき束を緯として、織締めるれっきとした織機なのだ。しかも、染料がにじまないように強くしめなければならないため、男性の仕事となっている。 
こうしてできあがったものを「むしろ」といい、これを、テーチ木の煮汁に浸染することで、テーチ木の持つタンニン酸によりしだいに赤褐色に染まっていく。
テーチ木染20回に対し泥染め1回、これを1行程とし、3ー4回繰り返すことによってタンニンと鉄分が結合し独特の渋い黒の色調になるのだ。その後、手機にかかるまで整経・糸繰・部分脱色・摺り込み染色・むしろほどき・綾ひきなど、気の遠くなるような行程がある。
さて、泥染めの起源だが、当時の厳しい人頭税を逃れるために、高価な絹糸を泥田に隠したところ、泥田の鉄分がうまく絹糸にからんだことが一因だとする説があるが、さだかではない。
わが国の代表的先染め織物である大島紬は、時の移り変わりの中で流されず、揺らぐことなく生き続け、奄美の歴史であるとともに魂でもある。

   ■
黒砂糖と黒唐焼酎
奄美を旅すると一見ススキのような植物が目に入る。これが砂糖と焼酎の原料唐キビである。
慶長14年、直川智(すなおかわち)が琉球への渡航中、台風に遭い中国は福建省に漂着。キビ栽培と砂糖製造法を習得し持ちかえったのがはじまりだといわれている。無論のこと、このキビが焼酎の主原料であり、黒唐を酒造に使うのはこの地にだけに許可された特権だ。
この蒸留酒は他に米麹をプラスして醸造されており、独特の甘味と香りを持っている。 ※下の左の写真は、持ち帰ったとされるキビで、今も育てられている。

きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
※キビ 瓶詰めされる焼酎 砂糖用キビの加工