腹合せ帯 昼夜帯
きもの風土記






表と裏とに別の布を用いるのが特徴。別名昼夜帯ともいう。地風は多くは繻子、縮緬、羽二重、博多織などの2種類の異なった布地を用いる。以前は一般に黒繻子に白地の裏をつけたので鯨帯ともいわれた。名古屋帯の普及により合せ帯がすたれたので、現在はほとんど見られなくなったが、一部喪服帯などに表が冬物、裏が夏物(絽織)の四季帯として残っている。
back