単帯
きもの風土記





1枚に厚く織り上げ、裁断をせずにそのまま用いる夏用の帯をいう。女性用は3p(鯨尺8寸)、長さ3.8〜4.8m(1〜1.1丈)が普通で「単八寸」と称する。また老年向きの幅の狭い「単七寸」、略装用の「単4寸」もある。博多織や厚板織などの無地、縞、献上文様が多い。男性用は「単三寸」または「三寸帯地」と称して10.2p(鯨尺幅2寸7分)、長さは4.8bで博多織が多い。
back