袋名古屋帯と八寸帯
きもの風土記


八寸名古屋帯ともいい、30p(8寸)幅で、単帯の地風に織り、芯を入れずにかがるので、かがり帯ともいう。お太鼓の裏になるところを折り返し、胴に巻く部分は半幅にふたつ折りにして用いる。
ちなみに八寸帯は、34p(小幅9寸)幅の普通帯に対し8寸幅のものをいうわけだが、夏の単帯の多くはこれである。最近は冬の名古屋帯も8寸幅が増えてきた。これは仕立てに際し芯を入れず合わせ目を糸でかがるだけで着用する。単名古屋とか、八寸名古屋という。女性の体格およびきものの着付け方の変化によるもと思われるが、9寸帯に対しやや略装の感を与える。
back