袋帯
きもの風土記
「二重組織」による懸織の技法を使って、筒状に仕立てた帯。上下2枚の織物を両端だけ連結させて織り上げられている。丸帯のようにふたつ折りにして芯を入れ縫い上げる必要がなく、末端「界切り」の部分を綴じるだけでそのまま使用できる簡単さがある(時にはごく薄い綿布、金巾などを中に入れ芯とすることもある)。また、表面に出ない部分は、模様をつけず無地で織り上げるから、丸帯に比べてリーズナブル。
現在では丸帯に代わって礼装用、準礼装用として人気がある。3.4p(鯨尺幅9寸)の普通帯用のほか「羽織下」に結ぶ半幅の小袋帯、また男の「角帯」でこの式のものもある。帯地は博多織、綴織、絽織など、普通帯地と変わらない。
back