丸帯
きもの風土記


女帯の1種で広帯ともいい、「合せ帯」(昼夜帯)に対する名前で、婦人の正装用の帯。帯地は金襴、糸錦、綴、塩瀬、唐織、緞子、風通など各種ある。すべて総柄模様で織りあがり、幅は60〜70p(鯨尺1尺8寸)のものをふたつ折りにして芯を入れ縫い合わせる。長さは3.4〜3.9m(鯨尺9尺5寸)。丸帯の意味は広幅の生地を丸く完全に用いた帯という意味で、両面全長にわたって柄ががあるから自由に豪華な結び方ができ、最も格式の高い帯だ。しかし、高価なためか、最近では「袋帯」にとって変わられ、花嫁の婚礼衣裳用がもっぱらだ。
back