名古屋帯
きもの風土記


女帯のひとつ。
現在ではその大半を占める。背部の結びの部分だけを一幅(30〜34p=鯨尺8寸ないし9寸)とし、巻きつける部分を半幅に縫い合わせて仕立てる。大正5年頃名古屋で創られたが、普通の合わせ帯が表地、裏地各37.9p(鯨1丈)を要するのに対し、45.5p(1丈2尺)で裏無しでできるのと、着用が比較的簡単なため全国的に普及し、今ではただ帯といえば名古屋帯を連想するくらいになっている。無地や縞もあるが、柄物は表となる部分全部に柄のあるものと、結んだ前の部分と背中の太鼓の部分だけに柄を施したものもある。
back