つけ帯
きもの風土記







1本の普通の帯でなく、結び上げた形に応じ、部分部分を切断し、着用に際して組み合わせるようにしたもの。お太鼓と胴の部分とを別々に仕立てたもの。
大正の末ごろ簡単に締められるように考案されたもので、文化帯、軽装帯、新装帯、結び帯などとも呼ばれる。
back