中世までは紐または紐状の細いものを帯といい、男女の区別なく衣服の上から体に巻き、一重回し前結びとしたが、工夫され、美化され、江戸時代には丈も長く幅も広くなり、前結びでは動作に不便なため後ろ結びとなった。現在の帯、特に女性用は和装の総合美を構成する上から重要な役割を持ち、実用より趣味、ファッションに重きがおかれ、模様などにも非常に精巧なものができてきた。女性用帯には丸帯、袋帯、名古屋帯、袋名古屋帯、単帯、腹合せ帯(昼夜帯)、半幅帯、つけ帯がある。その他、男性用、子供用には結び帯、七五三帯、兵児帯などがある。