11月15日。晩秋、深秋、暮秋・・の候だ。また、きものの日、かまぼこの日、こんぶの日、いちごの日、いい遺言の日、お菓子の日といろいろ決められているが、七五三の日でもある。
七五三だが、3歳になった男女、5歳になった男子、7歳になった女子の成長を祝い、社寺に参拝しておはらいを受ける行事だ。これらの年齢は子供の厄年とされ、厄落としからきているらしい。

  
天保元年 11月15日に
きもの風土記
七五三。「日本人のしきたり」(飯倉晴武著)によると、昔は、正月ないし誕生日に行なわれていたらしい。11月15日に定まったのは江戸時代になってから。徳川綱吉の子供の徳松君(ギミ)の祝を天保元年11月15日に行なったのに由来するという。
もともとは七五三は関東圏における地方風俗であったが、今は全国で盛んに行なわれている。ちなみに上方文化では十三詣りが習俗となっている。
宮参りの晴れ着は昔から豪華だった。武家社会では3歳になると男女とも髪を伸ばしはじめる髪置(かみおき)の祝をした。女児の晴れ着は帯を結ばず、袖なしの小さな襟のついた朱色の被布(今で言うコート)を着せていた。
5歳の祝いでは、羽二重の五つ紋付熨斗(のし)目模様、また、色紋付とそろいの羽織を合わせた。
7歳では華やかな四つ身、本断ちに、肩揚げや腰上げで調整して装う。
七五三でなめる千歳あめは、江戸時代に浅草のあめ売りだった七兵衛が売り出したのに祖をもつそうだ。子供に歳の数のあめを入れた袋を持たせると、縁起がいいと伝えられている。
ついでに一句紹介。

   母と子と まれに父と子 七五三(大橋櫻披子)


神社などで着飾った母子が歩く中で、父が子の手を引くのもほほ笑ましいじゃござんせんか。