アンティークきものブーム、このことが追い風となり、今、「銘仙」が若い女性の間で人気を集めている。
もともときものの柄というものは、四季折々の草花などを写実的に描かれている。が、庶民向けのカジュアルとして愛されてきた「銘仙」には、厳しいルールなどなく、自由に絵柄を創造してきた。見方によっては洋服柄に近いものもあり、大阪の「ゴフクヤサン・ドットコム」などは、洋服地できものを作っているほどだ。
夏以外の3シーズンに着られ、手頃な価格。その上自由奔放なカラフルさも魅力がある。言いかえれば和の型に洋の美を持つ「銘仙」そのことがヤングに受けているようだ。


  
銘仙の 定義
きもの風土記
着こなし自由
「目千」「綿繊」「銘撰」などいろいろと書かれるがれっきとした絹織物である。古くは埼玉県秩父、群馬県伊勢崎などで織られ、「太織」とも呼ばれ、茶地紺縞、茶地、鼠地縞などが主であった。もともとは農家自家製の「玉糸」や「熨斗糸」、いわゆる屑糸が用いられていた。その後絹紡糸が明治中期(20年頃)に、さらに大正に入ると本絹糸が用いられるようになった。織機も手機から動力織機に代わり、従来の無地縞から柄の種類も豊富になり、一時は大衆衣料の花形であった。
本来の字義からいうならば、最も綿密に繊維を組織したもの「綿繊」が正しく、実用的で丈夫な織物を意味したものだ。しかし、その後必ずしもこの意義に適合しなくなって、銘酒の銘と仙境の仙をとって「銘仙」の造語となったと云われている。
現在では「平織」の大衆着尺地を総称する言葉となり、品質、組織などは必ずしも一定ではない。
衣服文化が洋装化するにつれ、きものもフォーマル中心に移行するにつれ生産も減少していった。織り元は正絹絣を主として
いた伊勢崎、夜具丹前地を中心としていた秩父のほか、栃木の足利、東京都八王子、山形県米沢など主として関東中心に織られていた紬の一種といっていいだろう。
以上がざっとした銘仙の定義だ。

  
カラフル 銘仙
1960年代には殆ど姿を消したとされる「銘仙」。それが今若い女性に何故もてはやされているのだろうか。
ゆかたがヤングに認知されている昨今、それは柄行にある。大正から昭和初期に作られたポップアート柄、過去(昭和と思われる)ペンギン、サイコロ、カラーテレビ、抽象画などなど・・・、その時代を自由に表現している。自由な絵柄、カラフルさこそがヤングの心をとらえて離さない。
その裏付けとして、現在、銘仙人気が静かに広がりつつある。伊勢崎しかり、桐生しかりだ。例えば埼玉県秩父市の「ちちぶ銘仙館」では、ここ1ー2年で来館者が急増、月間300ー400人が訪れているという。
日本古来の文様をベースに、西洋的な柄をも加えた銘仙柄に、ぬくもりや刺激を今を生きる女性が共感を抱き始めている。これを機会にますますの研鑚を産地に望みたい。