夏本番を迎え、休日のコーディネートがよりラフになってきた。短パンを着用する機会が増え、それに伴い足元にサンダルを合わせるという人も多いだろう。そこで、今夏の注目サンダルを紹介しよう。和服にも洋服にもマッチする和テイストのサンダルだ。
花火大会に盆踊りと、祭りは夏の風物詩。せっかく女性が浴衣を着ているのに、隣の男性が洋服だとバランスが悪い。気分を盛り上げるためにも、そこはぜひ和服で参加したいところ。そうなると足元はげたや雪駄といった和の履物を合わせることになるが、1年に1〜2回しか履かないためなかなか手を出しづらい。
そのため、和服にも洋服にも合う和テイストのサンダルがにわかに人気を集めているという。サンダルの販売に力を入れる三越伊勢丹の紳士靴バイヤー・田畑智康氏は、「浴衣や着物といった季節やスタイルを楽しむ傾向が強くなってきており、その中で和テイストのかっこいいサンダルを探している方が増えている」と話す。


  素材は 
レバーやラバー

形状としては雪駄や下駄をモチーフとしながら、レザーやラバーといった素材使いのものが挙げられる。これらは黒やネイビーといった都会的なカラーリングのものが多く、洋服にも難なく合わせられる。逆に洋風のサンダルでも、木や革などの天然素材を用いたものであれば、どこか和の雰囲気が感じられるため浴衣にも合う。
この汎用性の高さから、今夏は人気が急上昇。三越伊勢丹では「販売実績としては昨年比150%程度」と売れ行き好調だという。
「サンダルに合わせるスタイルが多様化していることも人気の一因だと考えます。以前はサンダル=ショートパンツやビーチスタイルに限定されていましたが、昨年からデニムスタイルやドレスアップスタイル、ストリートスタイルなど幅広い着こなしに合わせる方が増えてきました。そのなかで、和=ダサい・やぼったいというイメージがなくなり、洋のスタイルにあえて組み込むことがスタイルとして認知されている」(伊勢丹)。
そこで今回は、和サンダルの注目作を見ていこう。和テイストなだけあって、いずれも日本人の体形や雰囲気と相性がいいのも魅力。これらの細部を見ていくことで、今回取り上げたブランド以外の和サンダル選びでも役立つ条件が見えてくるはずだ。


  オール牛革 
ブラックの雪駄

日本の伝統的な履物のひとつ、雪駄をモダンに仕立てた逸品。雪駄なので和服にマッチすることは言うに及ばず、オールレザー&オールブラックのため洋服とも相性抜群だ。
これは1917年創業の老舗着物専門店「やまと」が手がけるショップ、Y.&SONS(ワイアンドサンズ)のオリジナル商品。浅草の老舗メーカーと共同製作し、職人の手によって丁寧に作られているため、オール牛革の見た目のかっこよさはもちろん履き心地も文句なし。
同ショップは“メンズきものテーラー”を標榜し、着物に合わせるアイテムとして、ノルウェーブランドのコートをセレクトしたり、ドメスティックブランドとコラボレーションしたオリジナルコートを製作。そのほか着物とシューズを合わせたスタイリングを提案するなど、これまでにない洋装の発想から生まれた自由な和服の着こなしを展開する気鋭ショップ。
「世間を見回すと、私どもが履いてみたいな、と思う雪駄はさほど多くはありません。であれば“作るしかない!”と、見た目のかっこよさにこだわって製作しました」(Y.&SONS担当)。
この雪駄はショップオープン以来の定番商品として、30〜50代の幅広い層から好評を博しているという。和服にも洋服にも合うので夏の間ずっと履ける。しかも雪駄というところが、また粋に感じる。