繭から、光沢を備えた生糸が紡ぎ出されていく。そうした生産工程を間近で見ることができる製糸工場が、群馬県安中市にある。
緑深い山が目前に迫ると、工場群の赤い屋根が見えてくる。とはいえ、操業の音は外には漏れてこない。入り口にある「碓氷(うすい)製糸農業協同組合」の表札がかろうじて、製糸工場をうかがわせる。
「機の音、製糸の煙、桑の海」。徳冨蘆花が明治期の群馬県の風景をこう詠んだが、蚕糸業は同県発展の礎だった。そのDNAは受け継がれ、県内の繭と生糸の生産量は今も全国一を誇っている。が・・・、


  
繭まで入りにくくなった それでも・・・・
写真・図版
製糸工場は隆盛を極めた蚕糸業の衰退とともに姿を消す。国内で操業している器械製糸は2工場で県内ではここだけだ。世界文化遺産の登録を目指す富岡製糸場(群馬県富岡市)も近い。「実際に操業しているところを見てみたい」と見学に訪れる人も多い。
全国で生産される繭の約6割がこの工場に運ばれてくる。約10年前に全国で2000戸を超えていた養蚕農家は約600戸に激減し、繭も手に入りにくくなった。
繭は全国11都県の養蚕農家から届く。荷受場は体育館ほどの広いスペース。案内係の神沢秀幸さん(52)は「昔は入りきれないほどだったと聞きます。最近は量が少なく宅配便で届く繭もあります」と説明する。
生繭は乾燥して長期保管するため、乾燥機の金網のコンベヤーに載せられる。生繭10`から生糸になるのは約2`、きもので2着分だ。乾燥した繭はバスケットの中で約20分間煮ながら、糸口を探す。自動操糸機が複数の繭から糸を引き、注文に応じて一定の太さにして巻き上げる。
繰糸機がある工場ではモーター音が鈍く響き、繭を煮るにおいが立ち込めている。切れたり、細くなった糸は担当の女性が慣れた手つきで修正していく。
糸は巻き返して水分を約11%に安定させ、生糸に仕上げる。約300`の生繭で1日に約60`の生糸ができる。国産生糸の約6割はこの工場から出荷される。操業は2交代制で16時間という多忙な時期もあったが、200人以上いた従業員は25人に減った。
組合長の高村育也さん(66)は「高齢化と後継者不足で養蚕農家が減り、繭が入らなくて切羽詰まっているが、製糸の灯は消したくない」と力を込めた。松岡姫
 和木沢絹