1990年代、独特の風合いで注目されたビンテージブームを経て古着へ移行。一連の流行は東京発。雑誌で紹介されたことがきっかけであちこちに飛び火、扱う店も過熱的に増え、京都にある東寺や北野天満宮の縁日の古着も品薄とか。問屋筋でもわざわざ新品の古着を製作するところもあるらしい。
この不思議なブームを支えているヤングのきもの思考を探ってみた。

  
完全なる 遊び感覚
きもの風土記
ひと昔前の柄が目立つヤングの着こなし。ミニのゆかたやゆかたに羽織。黄色や赤、紫の派手な大柄のきものに足元はブーツやスニーカー。バッグはビトンなどの輸入ブランド。どこから見ても伝統の着こなしとはいえず、見慣れた和装の目を持つ御仁はいやーな思いをされていることは察しがつきますが、否定すべきでもないでしょう。そうですきもの登竜門のひとつと考えればいいのです。
このようなファッションで街を闊歩するヤングが増えてきた背景には、高級ブランド品のひとつや二つ簡単に手に入れるこのとのできる彼等が、輸入物とDCブランドが代わり映えしない、楽しくないと感じはじめたからでしょう。そんな時大柄で派手なアンティークきものが目新しく個性的に出現したのです。
彼等の目をして個性的に見えたアンティークは、まさに和装です。が、彼等にはあくまで洋服なのだと思います。コスプレ、遊び感覚だと思います。でなければあそこまで着崩さないでしょう。

  
生かそう このブーム
これまでにも和装ブームはあった。が、今回は不思議な形でやってきた。この不思議が長かった和装景気の底を打たせた。ゆかたの他、銘仙を中心に産地にも追い風が吹き、合繊も浸透しつつあるという。
おしなべて和装業界は、戦後の洋装化で高級化に走ったため現代若者思考のノウハウは少ない・・。今は確かに世代間できものに関する見方は違う。古着と高級品の2極化でその溝を埋めるアイデアがないと流れが作れないかもしれない。が、折角のブームを放っておく手はない。2極ともうまくこなしながら折角きものの入り口に手をかけたヤングを育てながら対応していくべきだ。だってヤングといえども日本人のDNAを保持しているのだから。