きものを着る人が減る中で、若い世代がゆかた着用に火をつけてきたことは、ここで何度か述べてきた。これまで現代調やミニゆかたなど、奇抜なゆかたも登場してきたが、最近の傾向ではきもの本来の柄やきもの的着方(例えば襦袢を着る)が注目されていることも紹介してきた。気軽にゆかたを選べるデパートでも、きもの的柄付けをしたものや、本格派の品揃えが目立ってきている。本格派といえば長板中形(ながいたちゅうがた)や小紋、注染、籠染、昴(ロウケツ)など、いわゆる後染めといわれるものがある。中でも江戸っ子たちに大受けし、ゆかたの代名詞とも言われる長板中形について蘊蓄(うんちく)してみよう。

  ゆかたの真髄
 本藍染め
きもの風土記
長板中形染
ゆかたの語源は、鎌倉、室町時代に高貴な人が湯浴み(ゆあみ)をする時に用いた「湯帷子」にある。江戸時代後期に木綿の普及や幕府の倹約政策などがあって、ゆかたは庶民の夏のきものとしてひろまっていった。同時に武士の裃の柄として流行し、定着したのが小紋。その型付け職人が夏場の仕事として考え出したのが中形染であった。「スカッとして洒落ている」ところが江戸っ子をして人気を集めたのであろう。
この江戸中形の中でも、白木綿に本藍一色で染めたゆかた地が長板中形だ。「長い板」の上で「中くらいの大きさの型」を使って染めるところから命名されたようだが、いかにも単純。またそこが良い。

  夏の呉服
 ゆかたの着こなし
きもの風土記
かつては昼間は紺地に白抜きの柄、夕方からは白地を着るという習慣があったが、カラフルなゆかた地が幅をきかせる昨今、この感覚を大事にしながら自由でいいじゃないかとは思うが、基本だけは・・・。
本来、ゆかたは素肌に着て肌触りと涼しさを味わうものだが、中には生地が透けるものもあるので、街着として着るには木綿や麻の長襦袢、または肌着と裾よけを着けて着用すべし。帯はゆかたの柄を最大に生かせるよう、無地、縞、格子などすっきりしたものを。帯揚げは、帯と一体化させ目立たないものを選び、帯締めはワンポイントになるような色目を選び、細めのものが効果的。最後は下駄。これはゆかたの柄に合わすのが無難で草履でもいい。バッグも夏らしいものを。ということだが、これを基本にそれぞれが自由に着こなすのが一番。長襦袢を着て半襟を付け、夏のきものとして着るのも面白いじゃん。