きもの風土記
五頭連峰
  五泉織物工業協同組合

織物産地の多い新潟県の中でも唯一の白生地産地が五泉だ。
機業の始まりは17世紀中期の寛保年間で、かつての名産品である袴地・五泉平を産出していた。ここで製織される絹織物は適度な湿度と乾燥、水質の高い湧清水などの風土的条件によって濡れ緯糸の特殊技術が活かされて重目、中目の織物の生産を可能にしていた。
その後産地は、綾織、斜子などの織物を生産してきたが、明治24年頃から羽二重を織りはじめ治後期はすでに平絽の重目物が代表商品として全国的に有名になった。
戦後は素材革命に伴う生産
品種の転換が進む中、メリヤス産地へと変貌し、白生地類の産額は大幅に縮小されていった。現在、ここで織られているものは駒絽、平絽の夏物をはじめ、羽二重、精華、駒塩瀬、綸子などであるが産地の特徴としては、生糸100%使いの高級白生地にあるが、特に緯糸を濡らして織る特殊技術は独特の風合いを生み出しすものと注目されている。また、比較的重目の生地でその製品用途は表地、裏地、帯、平袴と多品種にわたっている。
五泉産地は規模も小さく加工度の少ない白生地産地だけに、生産価格の変動による浮き沈みが激しいが、それだけに他産地と競合しない製品を大事にして山地の特産品とすることが必要となってくる。

    (題字をクリックして下さい)
      塩沢織物工業協同組合

    
(題字をクリックして下さい)
      小千谷織物同業協同組合



きもの風土記
十日町の財産ユキ
  十日町織物工業協同組合

伝統ある産地が衰退していく中で、開発エネルギーを機軸に代への適応力を発揮し、その地位を不動のものに育て上げてきた。新潟県でも指折りの豪雪地帯であることは周知の事であるがそこから培われる粘りと根性がさず吸収し、自分のものにしてきた。十日町小唄の「明石ちじみに雪の肌・・」とある明石ちじみは、昭和初の代表的な産地商品であったが、この縮布織物がそもそも十日町の発展を支えてきた。越後は12世紀の昔から青苧座が設けられ、京都、大阪などの中央へ麻織物の原料である野生の苧麻を供給する最大の産地であった。そしてこの苧麻で、飛鳥、天平の頃より雪晒しの縮布を織りだしていた。
そうした環境が下地となって発展していくのだが、そのきっかけとなったのは江戸時代初期(1600)に播州明石の浪人堀次郎が、小千谷に来て縮布を改良したことに始まる。強い撚りのかった麻縮布を越後ちじみと呼び、以後急速に生産は増え、天明年間(1781)には20万反にものぼった。
文政年間(1818)には、西陣の宮本茂十郎の高機での指導により、縮技術の絹織物への応用がなされ、絹縮布の透綾が生産されるようになった。明治に入ると平透綾から壁透綾、透綾縮緬ドビー使いの風通透綾などの商品が開発され、産地商品はますます広がっていった。ただこれらはすべて夏物であったため、さらに秋冬物の開発が盛んとなり、昭和初期に創作された白生地は全盛期で50万反にも及んだ。
十日町産地のこうした開発意欲はその後も続き、やがて桐生産地を抜き、京都に比肩するところまで迫ってくる。昭和34年に織と染めの技術をミックスした「マジョリカお召し」を生むなど昭和40年には生産数140万反と急増し、押しも押されぬ高級呉服産地として、認知されていく。そして一世風靡した黒羽織の登場へとつながっていく。
昭和40年代から中振袖が伸び、訪問着、留袖広がり、京都の本流へと肉薄していった。これはきものが先染めの時代から染着尺時代へ移っているとの時勢変化を見抜いた結果であるが、合繊やウールが急成長した時もここではきものの本質は衣以外に無いと、伝統的に判断している。今、量産産地はきもの需要の頭打ちで大きな壁にぶつかっている。十日町は高級呉服の普及に大きな役割を果たしてきたが、この大産地をどう維持していくか、難局に強い十日町の底力に期待したい。
この縮布織物がそもそ
も十日町の発展を支えてきた。越後は12世紀の昔から青苧座が設けられ、京都、大阪など中央へ麻織物の原料である野生の苧麻供給する最大の産地であった。そしてこの苧麻で、飛鳥、天平の頃より雪晒しの縮布を織り出していた。そうした環境が下地となって発展していくのだが、そのきっかけとなったのは江戸時代初期(1600)に播州明石の浪人堀次郎が、小千谷に来て縮布を改良したことに始まる。
強い撚りのかった麻縮布を越後ちじみと呼び、以後急速に生産は増え、天明年間(1781)には20万反にものぼった。
文政年間(1818)には、西陣の宮本茂十郎の高機での指導により、縮技術の絹織物への応用がなされ、絹縮布の透綾が生産されるようになった。明治に入ると平透綾から壁透綾、透綾縮緬ドビー使いの風通透綾などの商品が開発され、産地商品はますます広がっていった。ただこれらはすべて夏物であったため、さらに秋冬物の開発が盛んとなり、昭和初期に創作された白生地は全盛期で50万反にも及んだ。
十日町産地のこうした開発意欲はその後も続き、やがて桐生産地を抜き、京都に比肩するところまで迫ってくる。昭和34年に織と染めの技術をミックスした「マジョリカお召し」を生むなど昭和40年には生産数140万反と急増し、押しも押されぬ高級呉服産地として、認知されていく。そして一世風靡した黒羽織の登場へとつながっていく。
昭和40年代から中振袖が伸び、訪問着、留袖広がり、京都の本流へと肉薄していった。これはきものが先染めの時代から染着尺時代へ移っているとの時勢変化を見抜いた結果であるが、合繊やウールが急成長した時もここではきものの本質は衣以外に無いと、伝統的に判断している。今、量産産地はきもの需要の頭打ちで大きな壁にぶつかっている。
十日町は高級呉服の普及に大きな役割を果たしてきたが、この大産地をどう維持していくか、難局に強い十日町の底力に期待したい。
そうした環境が下地となって発展していくのだが、そのきっかけとなったのは江戸時代初期(1600)に播州明石の浪人堀次郎が、小千谷に来て縮布を改良したことに始まる。強い撚りのかった麻縮布を越後ちじみと呼び、以後急速に生産は増え、天明年間(1781)には20万反にものぼった。
文政年間(1818)には、西陣の宮本茂十郎の高機での指導により、縮技術の絹織物への応用がなされ、絹縮布の透綾が生産されるようになった。明治に入ると平透綾から壁透綾、透綾縮緬ドビー使いの風通透綾などの商品が開発され、産地商品はますます広がっていった。ただこれらはすべて夏物であったため、さらに秋冬物の開発が盛んとなり、昭和初期に創作された白生地は全盛期で50万反にも及んだ。
十日町産地のこうした開発意欲はその後も続き、やがて桐生産地を抜き、京都に比肩するところまで迫ってくる。昭和34年に織と染めの技術をミックスした「マジョリカお召し」を生むなど昭和40年には生産数140万反と急増し、押しも押されぬ高級呉服産地として、認知されていく。そして一世風靡した黒羽織の登場へとつながっていく。
昭和40年代から中振袖が伸び、訪問着、留袖広がり、京都の本流へと肉薄していった。これはきものが先染めの時代から染着尺時代へ移っているとの時勢変化を見抜いた結果であるが、合繊やウールが急成長した時もここではきものの本質は衣以外に無いと、伝統的に判断している。今、量産産地はきもの需要の頭打ちで大きな壁にぶつかっている。
十日町は高級呉服の普及に大きな役割を果たしてきたが、この大産地をどう維持していくか、
難局に強い十日町の底力に期待したい。
速に生産は増え、天明年間(1781)には20万反にものぼった。
文政年間(1818)には、西陣の宮本茂十郎の高機での指導により、縮技術の絹織物への応用がなされ、絹縮布の透綾が生産されるようになった。明治に入ると平透綾から壁透綾、透綾縮緬ドビー使いの風通透綾などの商品が開発され、産地商品はますます広がっていった。ただこれらはすべて夏物であったため、さらに秋冬物の開発が盛んとなり、昭和初期に創作された白生地は全盛期で50万反にも及んだ。
十日町産地のこうした開発意欲はその後も続き、やがて桐生産地を抜き、京都に比肩するところまで迫ってくる。昭和34年に織と染めの技術をミックスした「マジョリカお召し」を生むなど昭和40年には生産数140万反と急増し、押しも押されぬ高級呉服産地として、認知されていく。そして一世風靡した黒羽織の登場へとつながっていく。
昭和40年代から中振袖が伸び、訪問着、留袖広がり、京都の本流へと肉薄していった。これはきものが先染めの時代から染着尺時代へ移っているとの時勢変化を見抜いた結果であるが、合繊やウールが急成長した時もここではきものの本質は衣以外に無いと、伝統的に判断している。今、量産産地はきもの需要の頭打ちで大きな壁にぶつかっている。十日町は高級呉服の普及に大きな役割を果たしてきたが、この大産地をどう維持していくか、難局に強い十日町の底力に期待したい。

 
    (題字をクリックして下さい)
      本場結城紬卸商協同組合



きもの風土記
豊田城(郷土資料館)
  茨城県結城郡織物協同組合

結城産地に隣接する石下は、本場結城紬の影響を受けて発達してきた産地で、現在も結びつきは強く本場結城の姉妹品として生産している。もともとこの地方では藍草、綿花の栽培が盛んで、綿を紡ぎ藍で染めて木綿縞(石下縞)を産出し、最盛期(明治29年)には年産33万9千反の記録を残している。が、紡績綿糸と化学染料による安価製品に圧されて衰退の一途をたどり、明治38年には年産3万2千反にまで落ち込んだ。明治40年には絹綿交織のお召し風の縮織物が開発されると木綿縞は完全に姿を消し代わって豊田紬とも筑波紬とも呼ばれる「石下紬」が盛んに織られるようになった。
結城産地に隣接する石下は、本場結城紬の影響を受けて発達してきた産地で、現在も結びつきは強く本場結城の姉妹品として生産している。もともとこの地方では藍草、綿花の栽培が盛んで、綿を紡ぎ藍で染めて木綿縞(石下縞)を産出し、最盛期(明治29年)には年産33万9千反の記録を残している。が、紡績綿糸と化学染料による安価製品に圧されて衰退の一途をたどり、明治38年には年産3万2千反にまで落ち込んだ。明治40年には絹綿交織のお召し風の縮織物が開発されると木綿縞は完全に姿を消し代わって豊田紬とも筑波紬とも呼ばれる「石下紬」が盛んに織られるようになった。
昭和に入ると30年頃から和装業界に正絹志向が強まり、綿交織の石下紬は消費者に忌避され売り上げは減少していった。このため正絹織物への路変更を図り、昭和40年頃に「いしげ結城紬」へと品種転換を完了させている。
石下産地の使用織機は江戸時代末期までは地機(居座機)であったが、天保の頃から能率の上がる高機を取り入れるようになり、さらに大正中期から木製足踏機導入した。昭和30年頃からは鉄製織機を使用するようになり、その後、動力織機ではあるが、絣を織る際には手動に切り替えられる絣織機に殆どが転換している。
平成12年度の統計では、広幅織機2台、小幅絣織機281台、足踏機14台、生産反数3万9千反となっている。



きもの風土記
多胡の碑
  群馬県生絹織物協同組合

高級絹裏地のうち玉絹生産と呼ばれる裏絹を生産する主力産地が群馬県だ。この玉絹は、経糸に玉糸の精錬した磨き糸、緯糸に玉糸を用いたものを一般的にいうが、緯に磨き糸を使ったものを、散好絹(ちりよしぎぬ)、節が多く大きなものを織り込んだものを節絹とも呼んでいる。節絹は胴裏としては表地とよくなじみ、高級物には節絹といわれた時代もあったが、現在では節なき節絹が本流となっている。
玉絹の歴史は埼玉の本耳裏地と深い係りをもって発展してきたようだ。高崎駅から上信電鉄で6つ目の吉井町に日本3古碑の1つ「多胡の碑」があるが、その昔、この当たり一帯を多胡郡といい、その碑に和銅4年(711)の銘で「上野国多胡郡で産する白絹を皇室に献上」と記されている。この地方は養蚕業が盛んで、座繰りによる手機織が年貢として上納されていた。さらに13世紀元弘の頃、鎌倉幕府出陣のおりに武将新田義貞が上野国生品神社で兵を挙げた際に、旗印として350疋の白絹を使った。これらの白絹は今の多胡郡吉井町をはじめ、桐生周辺から集められたとされている。一方、製織技術を含めて埼玉で栄えた高麗文化の影響を強く受け、一説によれば秩父産地に端を発し、神流川対岸の多野郡鬼石に入って鬼石絹、藤岡の日野絹、藤山絹、さらに延びて富岡絹、高崎絹と発展していったとされている。
なお、玉絹の産地としては、福島県の川俣が群馬に次ぐ産地であり、本耳も生産している。
▲ この頁の最初へ