上田紬
きもの風土記
江戸時代からの上田縞、上田紬の名声は、特有の風合いや柄模様にもあったが、三裏縞と呼ばれ、表地1枚につき裏地を3回取り替えるほど丈夫なこと、本藍染と草木染の特色ある染色技法で、色が褪せず堅牢ななところにその理由があったようだ。
戦時中、衣類がまだ欠乏していたころ、国は上田紬などを技術保存織物に指定した。しかし、まだ自家用を織る程度で、紬が企業として再興していくには力不足であった。昭和25年頃軍放出の真綿を利用して糸を紡ぐことが提唱され、草木染や媒染材の研究をはじめ、と同時に、生産量の増大、販路の開拓に努力がはらわれるようになった。閉業中の機業も操業を開始、農賃織物として縮緬などを力織機で織っていた機業も参加し、上田紬の量産化と販路の拡張に努めた。

 松本紬
昭和5年、松本に信濃手工芸伝習所が設置され、草木染と手織の講習会が開催され、農村婦人が多数受講した。こういったことから松本紬は、草木染に特徴を持つが、これらの伝習生たちと農賃業者とが県繊維工業試験場の指導のもとで山繭紬組合を結成した時に、紬復興がまったと言っても過言ではないであろう。
櫟(くぬぎ)林で飼育された山繭から織り上げる特殊な光沢と地合いを表現する天蚕紬は、市場に歓迎され松本平の特産となった。特に松本紬はその11デニールの糸使いの「5世紀紬」を開発するなど、柄においても各工房のオリジナル作品を特徴としている。

きもの風土記

 飯田紬
きもの風土記 前述した工芸伝習所の講習会に飯田地方の農村婦人も参加し、紬生産に精をだしていた。このため飯田地方も純粋な草木染に伝統を持っている。
終戦を契機として農賃の白生地や絹縞を織っていた機業も、飯田手織紬組合を組織して紬の生産をはじめた。
染に関しては文政年間に紅、紫、茜の染法を黒羽藩主大関増業が飯田賢主に伝授したという史実があり、その茜紫紺染を現代の世に復活させ。商品化している。一方、柄的には絣の比率が高まっており、なかには経絣もあり諸紬の生産も増えてきている。さすが名古屋に近いだけあって幅広い動きが見られる。

 伊那紬
〜ハアー
桑の中から小唄がもれる
小唄ききたや 顔みたや
那節の一節にもあるように古くから養蚕が盛んであった伊那谷。必然的に紬は生産され引き継がれていった。しかし、大正から昭和の初期にかけて100数10社の製糸工場が天竜川の豊富な水で水車を回し生糸を生産しはじめた。今でもところどころに見られる白壁の大きな繭蔵にその名残りを留めている。以後絹織物が中心となり、力織機がハバをきかせるとともに、紬の灯が消えかけた。近くに製糸工場、山野に草木、里人の熱い思いに加えて研究と手機使用により、伊那紬は再び息吹はじめた。昭和27年のことだ。
この地の紬に使用される糸は、吟味された玉糸、真綿からの手紡糸、天蚕糸などだが、なんといっても特異な撚糸機を揃え、糸繰り、合糸、撚糸(下撚り)、そして2本に撚ったものをさらに諸に撚ったりミコに撚る、しかもゆっくりと。この気の遠くなるような工程こそがころりとしたやわらかさをかもしだすのであろう。さらに、山野に自生する小梨、りんご、白樺など、その豊富な草木の樹皮や幹材から染液を煎じ出し、様々な媒染材を使って多彩な色を引き出している。
心の糸に心の染を施し、伸子を張らずに緯糸をゆっくりと送り、糸の絡み合わせをよくする、すなわち手織りの髄を尽くす。このことが伊那紬ならではの風合いをかもしだす。

きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
繭 蔵 伊那紬 天蚕糸   玉 糸     生 糸   真綿細糸