きもの風土記
塩沢紬

  
茨城県結城郡石下町を中心とする結城郡中南部地方で織られた紬で、豊田紬・筑波紬・絹田紬とも呼ばれる。縦糸に玉繭からの太い玉糸を使用し、緯糸に綿強撚糸を織り、お召し風に仕上げた縮織物で、結城紬の姉妹品として初夏向きの単衣ものに用いられる。

  
縞銘仙から締切絣となり、昭和6年頃から大島紬となる。戦後男物の生産が主力となり、昭和52年、飯能大島紬を正式名称とした。埼玉県飯能市を中心としている。

  
銘仙の一種。東京都村山付近で本場大島を模して織りだされたもの。経緯糸ともに玉糸を使用し銘仙風に手機で織られ、色は藍色が多く、白地も1部見られる。

  
塩沢お召しのこと。新潟県塩沢町を中心に、手機で織られる結城風の絣お召し。本塩沢として有名。盛夏用の夏お召しもある。

  
上田紬をはじめ、飯田、松本、伊那などで産出するつむぎの総称で、寛文、元禄時代から伝承されており、草木染めにその特徴を持つ。

きもの風土記 きもの風土記 きもの風土記
村山の白紬  上田紬  井波紬
   
   
伊兵衛織は、民芸運動発祥の地静岡県浜松市で織られている紬で、牛首紬と同様、当時屑繭とされた玉繭を手紡ぎした「玉糸」を使用している。大きな特徴は、一般の紬と比べ、4倍程の太さに撚りをかけた太糸で織り上げているところ。その厚めのしっとりとした風合いは、冬でも裏地をつけずに単衣仕立てで着られ、手軽にクリーニングに出せるという特筆すべき実用性を備え持っている。

  
富山県井波町に産出した茶褐色の地合いに特色を持つ。染色に幼稚さがあり白紬へと移行。現在では製織されていない。

  
昭和22年び始められた戦後の民芸織物。アッサム地方の原産エリ蚕を使った紬で、盆踊りで有名な岐阜県郡上郡の産。
伊兵衛織
きもの風土記
郡上紬
きもの風土記
リンクボタン