お箸のマナー

和食がユネスコ(国連教育・科学・文化機関)の無形文化文化遺産に登録された。だからというわけではないだろうが、テレビ画面で、和食屋で、ちゃんこ料理屋で、外国人の箸(チョップスティック)の使い方が非常に上手くなっていることに気づいている諸兄は多いことと思う。
。そんなこんなで、和食マナーの基本である箸の使い方について触れてみよう。
箸の使い方を知らなくても全く問題はない。丁寧に扱えばマナー的にも問題はないと筆者は思う。が、知っておいて邪魔にならないし、日本人だから1度学べばなるほどとすぐに理解できるし覚えられる。
回りくどい言い方はやめておこう。簡単だから知っておくべきだと言おう。
まず箸の持ち方だが、右手で箸を持って取り上げ、左手で下から支え、右手を下に返して持つ。置くときは、右手で下から支え、右手を返して上から持ち、左手を外して右手で置く。面倒だがこれが基本。
次にやってはいけない箸の使い方。このことを「嫌い箸」と呼ぶ。
筆者も時々やるのだが、やったことのある人も多いと思う。菜箸がない時に、箸を持つ部分で食べ物を取る返り箸というやつだ。ついつい自分の口につけた箸を、そのまま使うのはどうかと思ってやってしまうのだが、これも「嫌い箸」なのだ。そのほか箸先をねぶるねぶり箸、器の上に箸をのせる渡し箸、いったん取りかけて他の料理に移る移り箸、料理を突き刺して食する刺し箸、器を箸で手前に引き寄せる寄せ箸などなど、上げれば数多くある。
ついでに割り箸について触れておこう。
少し改まった会席などに割り箸が出されていることがある。簡単なことなので覚えておくと鼻高?・・。なんのことはない箸を膝の上まで運び、上下に割る。間違っても左右(又裂き)に割らないように。隣の人にあたりでもすれば大変。
すし屋での箸使いも書き添えておこう。
すし屋において手で食べるか、箸を使うか、なんて厳密な決まりはない。ご自由にということだ。箸を使う場合は、握りずしを両横から鋏むと崩れやすいので避けた方がよい。すしを90度横に倒し、すしだねとシャリをおさえるように箸でつかみ、すしだねが下にくるように傾けて先の部分にムラサキを少しつけるのがよい。
以上述べてきたが、いろいろ面倒くさいことが多い。先述したように、丁寧に扱うことで一応オーケーだと思うべし。そうそう言い忘れたが、漆塗りのマイハシをポシェットから出すなんて格好よすぎるのでは?