風呂敷を語るにおいて風呂敷を殆ど使ったことがないというのも不埒な話だが、柄の豊富さには多少興味を持っているということでご勘弁願いたい。
風呂敷といっても使途によっていろいろな大きさがあると同時に、素材も各様だ。どうも大振りなのは綿の平織りで、その柄も地味なものが多いようだし、布団を包む巨大風呂敷もある。まさに唐草模様がその代表選手だったような気がする。ちいさい方ではハンカチ大の小風呂敷などもある。
いずれにせよ日本の生活文化の中に風呂敷が存在し、それはそれで暮らしの知恵と歴史を、魅力を備えている。


  歴史
 平包みから風呂敷へ
「包」という文字は、母親が子供を身ごもっている姿が原型らしい。現存する最古の風呂敷は、正倉院御物の舞楽装束を包んだ布で、千数百年もの昔から、日本人は風呂敷に物を大事に包んできた。
そもそも風呂敷とは風呂で使う敷物を指す言葉であり、現在使われている風呂敷、つまり物を包むための布は「平包み」と呼ばれていた。平包みの歴史は正倉院御物が作られた奈良時代までさかのぼり、平安後期には綿の布をはいで作った布「古路毛都々美(ころもつつみ)」で衣類を包んだそうだ。室町時代の辞書「節用集」では、包み布を「平包」と定義している。
一方、風呂で使う敷物としての風呂敷は、室町時代に登場する。足利義満が屋敷の大湯殿に大名をもてなすおり、各大名は家紋入りの絹布に間違えないよう衣服を包み、湯上りにはこれを広げて身支度をしたというエピソードが残っている。
きもの風土記
絹地染分紋風呂敷=江戸後期
また、風呂敷の名称の記録で現存する最も古いものは、徳川家康没後の遺品目録の中にあるが、これも風呂で使う敷物のようである。当事の湯殿の造り、入浴の作法などにより風呂敷は必要なものであったに違いない。
江戸時代に入ると入浴作法が変化し、風呂敷は不要とる。したがって布は広く包み布へと利用されていく。さらに、儀礼、贈答に関わる礼法が整い「包む」ことが特別なことへと移行していく中、「平包み」という名詞が使いづらくなり、一般に風呂敷と呼ばれるようになっていく。
江戸後期には、行商人や物売り、旅支度と、一気に風呂敷が広まり、風呂敷の用途は儀礼と日常に分けられていった。結婚や結納などの祝い事では、特別な風呂敷にその思いが込められ、日常では仕事や暮らしに合わせて使われていった。こうして明治、大正、昭和と、風呂敷は人々の生活道具として無くてはならない存在となっていった。しかし、デパートが紙袋を出し始めた高度成長期、その活躍の場を急速に奪われていった。昭和46年頃のことである。

  多彩な素材 色と柄はTPO
きもの風土記 現在、風呂敷の素材には絹や綿、レーヨンやポリエステルなどがあり、色と柄においては伝統的なものから外国のデザイナーが手がけるものまで多種多様。江戸時代には身分に合わせて素材や柄が決まっていたが、現在は自由自在。きものに合わせて色や柄を、お祝いを持参するときは絹製を、普段使いはそれなりにと、TPOに合わせて使いこなせる優れもの。
アンティークきものがブームになりつつある今、純和風ということで風呂敷が再び見直されてきた。それだけでなく、どうやらエコロジーの視点からも風呂敷を使おうという動きが出ているようだ。
バッグに1枚忍ばせておくのも一考かと。