銘仙の話し

ゆかたブームの延長線上で、若い女性たちが火をつけたアンティークきもの。このブームが、時代の流れの中で忘れさられようとしている「銘仙」に、ヤングをして再び脚光をよみがえらせつつあり、各産地もそれに呼応し始めている。そんな銘仙にスポットを当ててみた。
銘仙(めいせん)は、目専、目千、綿繊、銘撰など、いろいろに書かれるが、れっきとした絹織物だ。古くから埼玉県秩父や群馬県伊勢崎などで産出され「太織」ともいわれ、茶地紺縞、鼠地縞などが主であった。糸は、繭出荷後の玉糸や熨斗糸、いわゆる屑糸が用いられていた。明治に入り絹紡糸が、大正に入り本絹糸が用いられるようになっていくが、その間、動力織機の導入が大量生産の道を開き、既成概念にとらわれないカラフルな色使いは、輸入された化学染料が可能にした。そして、海外外からの新しい文化芸術があいまって従来の無地縞から斬新な柄を豊富にし、大衆衣料の花形となっていく。その背景には、日清、日露戦争の暗い明治の時代から、大正デモクラシーという開放された次代に移り、その自由さから生まれた女性の感性に合致したものとして銘仙が受け入れられたのであろう。
銘仙誕生の頃に話を戻そう。本来の字義からいえば、最も綿密に繊維を組織したもの「綿繊」が正しく、実用的で丈夫な織物を意味したものだが、後には必ずしもこの意義に適合しなくなり、銘酒の銘と仙境の仙をとって造語したといわれているが、一般的には「平織」の大衆着尺地を総称する呼び名となっている。
こんな曰くを持つ銘仙が、若者の間で人気を得たのは、その基に「温故知新」が存するからだと考える。きものでありながら自由な図柄、カラフルナ色使い。日本人のDNAがこれを捉えて離さないのであろうと考えるが、これを読んだ方はいかがでしょうか。