T 初めての装い V 悲しみの日の装い W お正月と成人式の装い

お祝い時の装い

=子供の小学校の入学式に訪問着を着ようと思うのですが、おかしいでしょうか。帯は何を締めたらいいでしょうか。
=大勢の人が集まる場所で1番気をつけなければならないのは、自分だけが場違い感じにならないということです。
最近の私立や大学の付属小学校では入学式の母親がかなり華やかに装うところもあります。こんなところなら訪問着姿も見られるでしょうから、一人だけかけ離れるということもありません。が、公立のように比較的地味に行うところでは、色無地の一つ紋付ぐらいが落ち着いていていいと思います。学校という教育の場ですから、華やかに装うといっても限度があります。パーティなどに出席するのとは違いますから、訪問着や付下げの色や柄も上品な控え目なものにしましょう。
帯は訪問着、付下げ、色無地には袋帯を二重太鼓に結ぶのがいいのですが、名古屋帯でも織物の六通柄(お太鼓と前の出るところが通し柄になっているもの)ならいいでしょう。

=幼稚園の入園式には、母親が黒の羽織を着ると聞きましたが、着なければいけないものなのでしょうか。
=女性の紋付羽織は略礼装ですから、きものがその場にかなったものであれば、羽織は用いないほうがいいかと。きものがくだけた小紋やお召には紋付の羽織を着れば格が出せます。
羽織の色は必ずしも黒でなければいけないということはありません。紫、ローズ、ブルー、グレー等々、濃い目のしっくりした色であればいいのです。ただし、紋がついていなければ格がないので略礼装にはなりません。色としては黒が1番格が高いのですが、皆がみな、黒の紋付羽織というのも一時は流行りましたが、あまりに個性がないのでは。
入園式なら、品のいいものであれば紋付の絵羽織でも差し支えなし。訪問着や付下げの柄が派手すぎたりした場合には、羽織で派手さを抑えるという方法もあります。

=娘が卒業式に袴を付けたいと言います。きものや帯をどんな風なものにし、どう着付けたらいいのでしょうか。また注意点などあれば教えてください。
=昔から袴の色は黒、紫、紺、緑、エビ茶などと大体決まっています。現代でもそれに似た色を選んだほうが美しい。
きものは、1つ紋の色無地が1番ふさわしいでしょう。袴の色が黒や紺のように地味なものであれば、色無地は少し明るいピンクヤローズ、レンガ系などが映えます。袴がエビ茶などであればブルー系やヒワ系のきものもよく合います。その他、鮫小紋なども格もありいいものです。ありあわせのきものなら絣や格子以外なら縞、矢羽根などもいいのですが、昔は式典以外に着たものです。
帯は半幅帯を貝の口に小さく結びます。色は、きものと同系色の濃淡がいいでしょう。きものや袴の色とかけ離れすぎると少ししか出さないだけにおかしくなります。
着付けの注意点は、上半身をしっかり着付け、下はおはしょりが多くなっても差し支えないので裾は短めに着付けます。衣紋は抜きすぎないように注意し、半襟も1.5aくらいが美しいでしょう。袴の長さはくるぶしが見える程度に。

=きものでお見合いをしたいと思いますが、どんなものを着ていったら好感をもたれるでしょう。羽織を上手に着こなすポイントのようなものがありますか。
=お見合いの日の装いは自分らしくがモットーです。見合いをする場所によっても異なりますが、いずれにしてもけばけばしく飾り立てるのは避けるべきです。どんな遊び好きな男性でも、自分の奥方を選ぶと段になると、明るく上品で健康的な優しい女性を求めたがります。ホテルや一流のレストランでしたら、周囲の雰囲気に合わせて中振袖でもいいでしょうが、喫茶店ぐらいでしたら仰々しくなります。むしろ小紋か型友禅の方が可愛らしく見えます。紹介者のお宅まどで見合いする場合でも堅苦しくなくてその方がいいでしょう。
あまり正装をしすぎるよりも、普段とかけ離れないものの方が、気も楽で話もはずむでしょうし、ありのままの自分を見てもらえていいのでは。ただ、あまり地味な格好をして、年齢よりも老けて見られるのもつまりません。小紋や型友禅でも、名古屋帯をちょっと文庫や千鳥の変わり結びにして、若々しく美しく見える工夫をして下さい。また、紹介者と相談して決めるのもいいのでは。

=娘の見合いに付き添ってゆく母親です。どんな装いをしたらいいでしょうか。
=昔からお嫁さんをもらう時は、その母親を見てもらえといいます。付き添っている母親が趣味のいい上品な人であれば、このお母さんの娘なら間違いないだろうと思うでしょう。そういう意味では娘をひきたてるためになどといいかげんな格好でいくと失敗します。抑えた中間色は上品で柔らかな感じのする色です。お嬢さんの着るものと格を合わせる必要がありますが、1つ紋の無地か江戸小紋、お召であれば間違いはないでしょう。帯は1つ紋の無地には袋帯を、江戸小紋やお召しには織の名古屋帯を締めます。年配の方なら紋のついた羽織を用いてもいいが、いずれにしても主役より控え目に。

=結納の日に、結納を受ける本人や両親はどのような姿で受けたらいいでしょうか。
=戦前まで行われていた正式な結納式の装いは、父親は5つ紋ツキ羽織袴、母親は留袖または色留袖、本人は5つ紋付絵羽模様を用いました。今は、結納の形態も式も比較的簡略化されています。
父親がお召しか紬の1つ紋付羽織袴なら、母親も紋付の色無地に袋帯の二重太鼓、本人は中振袖、訪問着、付下げ程度がいいでしょう。もちろん、色無地の紋付でもかまいませんが、母親と重ならない方がいいと思います。仲人と相談して、両家の格がかけ離れないようにするのも一考です。

=娘の結婚式に参列する母親ですが、近頃、金や銀の帯締めを用いる人が多くなりましたが、丸ぐけでなければいけないでしょうか。
=組紐が帯締めとして一般に普及し使われるようになったのは、明治に入ってからのことで、それ以前は主に裄紐が用いられていましたので、帯締めとしては、組紐よりも丸ぐけの方がより伝統的と言えましょう。花嫁衣裳や留袖などの礼装用には丸ぐけの方が正式ということになります。
戦前までは、礼装用は全て丸ぐけを使っていましたが、最近では金や銀の組紐を用いる人が増えました。一般の列席者は別として、仲人や新郎新婦の母親ぐらいは、正式な丸ぐけを用いた方がいいのではないかと思い生ますが・・・。

=仲人をしますが、結婚式には色留袖ではいけないでしょうか。
=仲人は結婚式の立役者です。ご両親を助けながら花婿、花嫁を引き立て、しかも式の一切の段取りを取り仕切るわけですから、当然最も礼儀にかなった第一礼装が妥当です。ですから色留袖では貫禄不足です。色留袖は黒留袖に準じて用いることができますが、庶民の第一礼装として黒留袖の方が格が上です。
どんなに略式な場合でも仲人だけはきちんとするのが建前です。新郎、新婦の介添え役としての心構えは、目立たない中にもきちんとした格式を持ち、新婦を引き立てることです。それには色留袖では華やか過ぎて花嫁が引き立ちません。

=姉の私が後になって、妹の方が先に結婚することになりました。結婚式に中振袖を着てはおかしいでしょうか。
=それほど年が離れていない姉妹なら、お姉さんが結婚式に中振袖を着ても一向に差し支えありません。妹さんとだいぶ年が離れているのなら訪問着の方が無難でしょう。30近くなると、中振袖より訪問着の方が映える場合もあります。独身なのですから美しく装って下さい。式への参列者同士が結ばれるということもありますから。が、あくまでも忘れてはならないことは、花嫁よりも派手にならないことです。また、花嫁の姉として落ち着いた貫禄を見せることも大切です。

=平服でという結婚披露宴の招待状を受け取りました。何を着ていけばいいでしょうか。
=結婚披露宴に平服で、と書いてあっても、これは普段着でということではありません。第一礼装でなくてもいいという意味にとらえるべきです。外国の場合ですとイブニングドレスとかカクテルドレスとか、男性ならブラックスタイとか指定があるので判りやすいですが、日本の場合には遠慮の意味で平服と書く場合もあります。こんな場合には訪問着、付下げ、色無地紋付などがふさわしいでしょう。
文字通りに紬やウールを着ていったのでは失礼に当たります。どんなにくだけても小紋以上のものを着ていくのが相手に対する礼儀でしょう。帯も格式の高い素材や柄を選んだほうが無難です。

=7月の結婚式には袷の留袖ではいけないでしょうか。夏物の留袖を持っていません。
=日本には衣替えという季節の変わり目に衣装を替えるという習慣があります。ことに礼正装には細かな約束事がり、きちんと守られてきました。この約束事から言えば7月は当然単衣の留袖ということになります。けれども、戦後、生活環境も変わり結婚式の方法や場所も変わってきました。
衣装も貸衣装があり、式も冷房の完備された式場では、成果の花嫁も袷の打ち掛けなどを用いる場合がほとんどです。列席者も本来のように家からきちんと仕度をしてくるのではなく、洋服で来て式場で着付けてもらう事も多くなっています。
冷房完備、盛夏でも袷を着ても暑いことはありません。ただ、できるなら出席者同士で打ち合わせができればいいですね。

=長男のお宮参りに姑と一緒に参りますが、どんなものを着たらいいでしょうか。
=お宮参りは内祝いです。それほどやかましい決まりはありません。赤ちゃんは男の子なら新しい産着の上に熨斗目の祝い着をかけ、女の子なら友禅の祝い着をかけます。付き添いの姑さんとお嫁さんは、あまりかけ離れない程度のものを着て下さい。連れ立って歩く二人がちぐはぐだとおかしなものです。
丁寧なところでは留袖を着るところもありますが、付下げか1つ紋付ぐらいなら申し分なし。年配の姑さんなら羽織を召すのもいいでしょう。帯は袋帯か織の名古屋帯がいいかと。

=七五三なので7歳になる女の子にきものを作ってやりたいと思いますが、どんなことに気をつけたらいいでしょうか。
=現代っ子の7歳はかなり大きく、すぐまた伸びますから、できるだけ後々まで使えるきものを選んでおくことが肝心です。
刺繍や箔の多いものは豪華ですが、染め替えたりするときには厄介です。仕立ては本裁ちを勧めます。帯は、子供に負担のかからない軽いものが良く、しかも長く使えるように踊り帯などを鏡仕立てにしておくといいでしょう。付け帯も簡単ですが、その場限りですから、1本のものを求めて簡単に結べる工夫をすることをお勧めします。

=七五三のとき、母親はどんなものを着たらいいでしょうか。
=主役は何と言っても子供であり、母親は付き添いの役目です。子供より上等のものや、目立つような姿は避けたほうがいい。
1人で出かけるパーティなどと違って、母親らしい落ち着いた柄と上品な色合いが望ましく、きものの格は子供と同じか少し控え目な程度がいいでしょう。子供が絵羽模様の振袖なら母親は訪問着か付下げ、友禅なら色無地程度。羽織を用いる場合は、紋付か絵羽織にして小紋や絞りは避けましょう。